各ブックメーカーはいくらから賭けれるか比較(最低入金額)

ブックメーカーは最近日本において人気が出てきている副業です。スマホ1台でいつでもどこでも稼ぐことができるのが最大の特徴。

しかし、資金を増やすためにはリアルマネーを賭けなければならないというのも事実で、リスクがあることから、敷居の高さを感じ、利用していないという方も多くいます。

たしかに、ブックメーカーを通じて継続的に利益を出そうとすると、ある程度の資金が必要になります。そして、その用意した資金の分だけ、自分の資産を失うかもしれないというリスクを抱えることになるのです。

しかし、やはりブックメーカーはかなり簡単に、しかも大きな金額を稼ぎだすことも夢ではないので、私としては多くの人にブックメーカーに登録し、スポーツの試合に賭けることで資金が増える喜びを感じてほしいと思っています。

そこで、この記事では少ない資金からでも賭けを楽しめるブックメーカーについて、詳しく紹介していきます。具体的にいくらから賭けられるのか、また、最低入金額はいくらからなのか、といったところに着目しつつ、オススメのブックメーカーを紹介します。

ブックメーカーの最低ベット額と最低入金額は違う

ブックメーカーは、資産の保有状況によってプレイヤーを差別しません。ほとんどのブックメーカーにおいては、最低で100円程度の小資金から、何百万円という大きな金額までベットが可能(賭けの種類により、マックスベットが設定されている場合もある)で、超安全志向プレイヤーからハイローラーまで、幅広く楽しむことができるのです。

しかし、100円から賭けられるブックメーカーにおいては、最低額である100円しか用意しなくてもいいのか、と言われれば決してそんなことはありません。ブックメーカーごとに、1回当たりの最低入金額が定められており、その最低額以上でなければ、アカウントに入金することができないのです。

例えば、最低入金額が2000円と設定されていれば、500円、1000円と言ったような入金はそもそもできないのです。まずは、最低入金額と最低ベット額(ミニマムベット)は別物であるということは認識しておきましょう。

やはり初心者の方は、できるだけ小さなリスクでブックメーカーを始めてみるということを考えているでしょう。そのため、注目すべきは、いくらから賭けることができるかという最低ベット額ではなく、最低入金額です。

入金した金額分だけ、その金額を失うリスクも発生するということで、最低入金額が大きなブックメーカーほど、より大きなリスクを抱えてベットを行うということになります。

最低入金額が小さいブックメーカー

ここからは、最低入金額が比較的小さいブックメーカーについて、その特徴も含めて紹介していきましょう。

まずは、最低入金額と最低ベット額を一覧で。

最低入金額 最低ベット額
スポーツベット
アイオー
10円 10円
ウィリアムヒル 10ポンド 0.03ポンド
Bet365 15ポンド 0.1ポンド
10bet 10ユーロ 1ユーロ
ピナクルスポーツ 10ドル 1ドル

それぞれ為替レートの動きによって、具体的にいくらになるかは前後します。

具体的に、それぞれのブックメーカーの特徴を見ていきましょう。

スポーツベットアイオー

ブックメーカー初心者にとって、最も取っつきやすいのがスポーツベットアイオーでしょう。その最低入金額は、何と日本円にして10円相当。うまい棒1本買うお金で入金できるので、驚きですね。実際に10円入金するのではなく、10円分のビットコインから入金できるというものなので、ビットコイン口座を所有されているのであれば、是非利用してみましょう。

もちろん、たったの10円であっても大切にしたいと考えている方も多いと思いますが、他のブックメーカーの場合にはもう少し大きな金額を賭け無ければならないことを踏まえると、とても敷居が低い金額ですよね。

スポーツベットアイオーは、日本語に対応しているため、日本人でも安心して利用しやすいのが大きな特徴です。また、賭けの対象となっている試合をストリーミング視聴することができます。試合が見られるので、ライブベットにおける的中率は、他のブックメーカーに比べても格段に高めることも可能。

そのため、たった10円という小資金からスタートしても、連戦連勝で気づいたら大きな資金へと成長しているなんていうこともあり得ない話ではありません。

もちろん、最低入金額の10円ではなく、もっと大きな資金を入金したいという場合も、様々なメリットを受けることができます。その代表例が、初回入金及びベット時にもらえるフリーベット。スポーツベットアイオーで、初めてのベットを行った際には、そのベット額の3倍分(最大30ドルまで)のフリーベットを受け取ることができるのです。

つまり、最初に10ドル分賭ければ最大金額分のフリーベットがもらえるということ。このフリーベットを使って賭けを的中させれば、リアルマネーに出金することもできます。

スポーツベットアイオーの特徴を簡単にまとめると

  • 最低入金額は10円相当で業界で最も敷居が低い
  • 試合のストリーミング視聴が可能
  • 初回ベット時に最大30ドル分のフルーベットを受け取れる

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルの最低入金額は、10ポンド相当。為替の動きにもよりますが、日本円にすれば、およそ1500円程度です。スポーツベットアイオーと比較すると、やや敷居が高いと感じるかもしれません。

しかし、注目すべきは最低ベット額。ウィリアムヒルでいくらから賭けることができるかと言えば、何と0.03ポンド相当。1ポンドあたり140円くらいですので、何と日本円にして5円相当からのベットが可能なのです。

最低ベット額で見れば、スポーツベットアイオーすら下回るとあって、非常に低リスクで楽しむことができるブックメーカーとなっています。

ウィリアムヒルは、世界でも最古のブックメーカーと言われるほどの運営実績があります。本社のあるイギリスでは「ウィリアムヒルは銀行よりも安全性が高い」とまで言われている存在です。とにかく絶大な安心感が、大きな特徴と言えるでしょう。

最低入金額を気にされる方の多くは、ブックメーカー初心者だと思います。初心者の場合、「ブックメーカーの選択肢が多すぎて、どのブックメーカーを選べば良いのか分からない」と感じている方も多いでしょう。個人的には、迷うのであればウィリアムヒル一択だと考えています。

それは、やはり何よりも安全性が抜群だからです。もちろん、他のブックメーカーについても高い安全性は担保されているのですが、実績という点では、ウィリアムヒルは群を抜いています。

ウィリアムヒルは日本語にも対応しているため、誰でも安心して利用できます。資金が貯まってきたら、大きな金額をベットすることも可能です。

最後に、ウィリアムヒルの特徴を簡単にまとめます。

  • 最低ベット額03ポンド、日本円にして5円相当からの賭けができる
  • 80年を超える運営実績で安全性が抜群
  • 日本語対応で使いやすさも抜群

Bet365

Bet365は、世界で最も登録者が多いと言われているブックメーカーです。世界一と聞くと、否が応でも安心感を寄せざるを得ませんよね。そんなBet365では、最低入金額は15ポンドとなっています。日本円にすると2000円相当です。最低ベット可能額は0.1ポンド、日本円にすると15円程度という金額で、スポーツベットアイオーやウィリアムヒルには及ばないものの、比較的敷居の低いブックメーカーと言えるでしょう。

Bet365は日本語に対応していないのですが、賭けに関連する英語さえ一通り把握していれば問題ありません。むしろ、ブックメーカーにおいてはオッズなど、数値をきちんと読めるかということの方が大切なので、オッズについての理解を深めていれば問題なしと言えるでしょう。

Bet365最大の特徴は、試合のストリーミング視聴が可能と言うことです。試合を見ながらベットの戦略を立てることができるので、特にライブベットにおいてはその的中率を格段に高められることでしょう。そのため、わずか15円程度でスタートしたbet365での賭けが、着実に勝利を積み重ねることによって、やがて大きな資金になっているということも夢ではありません。

また、Bet365ではオートキャッシュアウト機能があります。元々、ブックメーカーで稼いでいくためには、要所要所でキャッシュアウトを実行し、利益を確定させたり、損切りしたりしていくことが大切です。Bet365では、予め数値を自分で「これだけの利益が出たら」「ここまでの損失は許容範囲」というような設定をしておけば、あとは放置していてもそのタイミングが来た段階で、自動的にキャッシュアウトをしてくれるのです。株式投資における指値取引と同じような機能です。

放置しておいても、タイミングが来たらキャッシュアウトをしてくれるとあって、多忙でなかなかベット画面を見る暇がないというような方にも、オススメ度の高いブックメーカーと言えるでしょう。

最後に、Bet365の特徴を簡単にまとめます。

  • 最低入金額は2000円程度だが、最低ベット額は15円相当なので小額から楽しめる
  • 世界一人気度の高いブックメーカーとも言われるほど、利用者が多い
  • オートキャッシュアウト機能があるので、画面を見てなくてもライブベットで着実に稼ぐことができる

10bet

10betの最低入金額は1000円相当から、最低ベット額は100円相当となっています。ここまで紹介したブックメーカーとの比較で言えば、やや大きな金額に感じられるかもしれませんが、それでも比較的小さな金額から楽しむことは可能です。

10betは、完全に日本語に対応しているため、日本人でも非常に利用しやすくなっています。また、日本語対応だけではなく、入金に際してJCBのクレジットカードが利用可能というところも、日本人にとっては嬉しい点です。日本人向けに作成されているJCBカードは、ブックメーカーの入金に利用できないというケースは多くあります。事実、JCBを入金手段として取り扱っているのは、10betも含めて数えるほどしかありません。

しかし、日本人の中にはJCBカードしか持っていないという方も多くいることでしょう。そんな方にとって、JCBで入金ができる10betはありがたい存在です。

10betは、特にサッカーの取り扱いが充実しているブックメーカーとして有名です。サッカーに特化して言えば、ブックメーカー業界の中でも、トップクラスのオッズが付けられ、他のブックメーカーよりもお得な配当を得ることができます。

サッカー好きで、サッカーに賭けたいと考えている方は、10betに登録するのがオススメです。クリスティアーノ・ロナウドが所属するユベントスFCの公式パートナーを務めているという部分も、サッカーファンには見逃せません。

最後に、10betの特徴についてまとめます。

  • 1000円相当からの小額入金、100円相当からの小額ベットが可能
  • 日本人に人気のJCBカードでの入金が可能
  • サッカーの充実度は業界トップクラス

ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツの最低入金額は10ドル、日本円にして1000円相当。そして最低ベット額は1ドル、100円相当となっています。

際立って低い数値という訳ではありませんが、それほど大きな資金を用意しなくても、十分に楽しむことができるのが特徴です。

ピナクルスポーツは、他のブックメーカーと違いプロモーションボーナスや広告に一切の費用をかけていません。初心者の方は、プロモーションボーナスに魅力を感じる方も多いので、必然的にピナクルスポーツの魅力は相対的に低くなると言えるでしょう。しかし、ピナクルスポーツには業界最大の還元率という特徴があります。

ピナクルスポーツの還元率は、97%を超えると言われており、業界全体の平均である95%を上回る数値となっています。なぜ、これだけ高い還元率を誇っているかと言えば、上記で説明したような余計なコストをかけていないからです。コストをかけずに浮いた資金を、オッズに上乗せすることによって、高い還元率を実現させているのです。

ブックメーカーで稼ぐためには、同じ試合に同じ賭け方をするのであれば、少しでも高いオッズに賭けることが重要。ピナクルスポーツは、多くの場合において、他のブックメーカーよりも有利なオッズを付けています。少しでも高いオッズで賭けを楽しみたいと考えている方には、ピナクルスポーツがオススメです。

最後に、ピナクルスポーツの特徴についてまとめます。

  • 日本円にして1000円相当が最低入金額
  • 他のブックメーカーよりも高い還元率で、稼ぎやすさは業界トップクラス

まとめ

この記事では、最低入金額の小さいブックメーカーについて紹介しました。初心者の方は、いきなり大きな金額をブックメーカーに入金するのは、かなり抵抗があることでしょう。まずは小さな資金から試しつつ賭けてみたいと考えている人も多いはず。

どのくらいの金額を高い安いと感じるかは人それぞれです。「1万円程度なら問題ない」というように考えているのであれば、どのブックメーカーを選んでも問題ないでしょう。しかし、やはり最初はできるだけ小さい金額でと考えている場合には、この記事で紹介したような

  • スポーツベットアイオー
  • ウィリアムヒル
  • Bet365
  • 10bet
  • ピナクルスポーツ

といったあたりが選択肢になってくるはずです。最低入金額や、いくらから賭けられるのかという点以外にも、ブックメーカーごとにそれぞれ特徴がありますので、しっかりとそれぞれの特徴を把握して、自分が最も使いやすいと感じるブックメーカーを選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です