ブックメーカーでバスケットボールの賭け方!オッズと対象試合など

ブックメーカーではバスケットボールの試合に賭けることができます。バスケットボールは試合展開が目まぐるしく、非常に複雑なルール構成となっていることもあって、豊富な賭け方を楽しむことができるのが特徴です。

バスケットボールをプレイしたことがないという人であっても、バスケットボールベッティングの面白さには引き込まれてしまうことでしょう。

この記事では、ブックメーカーにおけるバスケットボールの様々な賭け方やそれぞれのオッズの特徴、そして賭けの対象試合について、詳しく説明していきたいと思います。

>>ブックメーカーの基本的な賭け方と基本オッズ

ブックメーカーにおけるバスケットボールの賭け方

ブックメーカーでバスケットボールに賭ける場合、豊富な選択肢から、お好きな賭け方、好みのオッズを選ぶことができます。バスケットボールの賭け方を大別すると、以下の3通りになります。

  • 対象大会の結果(優勝チームなど)予想
  • 対象試合の結果(勝利チームなど)予想
  • 試合中の予想(ライブベット)

長期にわたってドキドキを味わうことができる賭け方から、すぐに結果のフィードバックがある賭け方まで様々。方法によってオッズの数値も異なってきますので、多様な選択肢があるのが、バスケットボールベッティングの大きな特徴です。

それぞれの賭け方について、具体的に紹介しましょう。

賭けの対象大会の結果(優勝チームなど)予想

リーグ戦やトーナメントの開幕前には、ブックメーカーからその大会の最終結果を予想するオッズが提供されます。メインの賭け方は優勝予想ですが、その他にも様々なオッズが提示されるので、これだけでも十分バスケットボールベッティングを楽しむことができるでしょう。

具体的に提供される賭け方としては、以下のようなものがあります。

賭けの対象
MVP 新人王
最優秀守備選手 最優秀監督
得点王 etc…

最も賭け方が充実しているのは、やはりバスケットボールの本場アメリカのNBAです。NBAは、イースタンとウェスタンに分かれてリーグ戦が開催されるので、それぞれの優勝予想やMVP予想もあります。また、さらに細分化された6つの地区について、それぞれの優勝チームやMVPの予想も楽しむことができます。

一方、NBA以外の他のリーグについては、優勝予想以外にはオッズが提示されないことも多く、やや充実度が劣っているのが実情です。

また、カップ戦において、トーナメントの前にグループリーグを戦うというような大会の場合には、各グループリーグにおける1位抜けを予想するような賭け方も用意されています。

賭けの対象試合の結果(勝利チームなど)予想

優勝予想など、シーズン全体の結果に対する予想は、なかなか結果が確定せず、待ちきれないと考える方も少なくないでしょう。

そんな方には、対象試合一つひとつに賭ける方法がオススメです。対戦するどちらのチームが勝利するかというオーソドックスなもの以外にも、様々な賭け方があり、その難易度に応じて大小のオッズが提供されます。

具体的な賭け方としては、

賭けの対象
勝敗 ハンディキャップ込みの勝敗
トータルスコア
(オーバー/アンダー)
チームごとのトータルスコア
(オーバー/アンダー)
特定の選手の得点数 第1・2クォーター&
第3・4クォーター予想
勝利得点差
最初に〇得点に達するチーム

上記で紹介した以外にも、様々な賭け方が用意されているのがブックメーカーにおけるバスケットボールの特徴です。的中率が高いシンプルなものから、オッズが高く、なかなか的中させられない高難度のものまで、種類は様々。

初心者から玄人まで、自分好みの賭け方・オッズを選択して、楽しむことができます。

インプレー中の予想(ライブベット)

シーズン全体の予想よりも遥かに短いスパンで楽しめる試合結果予想ですが、それでもまだまだ時間がかかりすぎる、と感じる方には、よりスピーディーに楽しめるライブベットがオススメです。

また、ライブベットにおいては試合の状況に応じて、試合前の賭けをキャッシュアウトしたり、試合中に勝利チームを予想したりする賭けも可能で、他の賭け方と比較すると高い的中率で着実に利益を増やしていくことができるのが特徴です。

ライブベットでは、クォーター単位での賭け方が豊富で、それぞれ勝敗や得点数、得点差などにオッズが付けられます。バスケットボールの試合において、1クォーターにつき10分(NBAの場合は12分)ですので、すぐに結果が確定。即金性が非常に高いというところに特徴があります。

1つのクォーターが終わる度に、バスケットボールでは休憩や作戦タイムが入るのですが、それが大きなきっかけとなって、劣勢だったチームが息を吹き返し試合を有利に進めるというような展開も良く起こります。そのため、ライブベットで願ってもないような高オッズを的中させ、一気に配当を獲得するということも夢ではないのです。

しかし、ライブベットは全体的にオッズが2倍以下であることが多く、大勝を狙うというよりは、低オッズで可能性が高い事象を着実に的中させていくということがメインとなります。

おすすめのバスケットボールの賭け方やオッズ

ブックメーカーにおいてバスケットボールの試合では、様々な賭け方があることを説明しました。豊富な選択肢があるので、自分好みの方法を選ぶことができるのですが、資金を増やしていくという観点に立った時に、どのような賭け方をしていくのがオススメなのか、紹介していきたいと思います。

ボーナス消化にはライブベットが超オススメ

バスケットボールは、ライブベットが非常に充実しているスポーツです。ライブベットならば、すぐに結果が確定するので、ボーナス消化にはうってつけと言えるでしょう。

プロモーションボーナスを受け取った場合、その有効期限は短ければ1週間程度、長くても1か月くらいなのが一般的です。そのため、サクサクとベットをして、出金条件を消化していかなければなりません。

しかし、シーズン全体や対象試合の結果にベットしていると、結構時間がかかってしまい、出金条件を消化できないままボーナスの有効期限を迎えてしまうこともあるのです。

それでも、ライブベットならば1試合を通じて常にチャンスに溢れているので、一気に出金条件を消化できるでしょう。また、ライブベットは比較的高い的中率で予想をすることができるので、出金条件を消化するだけではなく、しっかりと資金を増やしていくことができるというのも嬉しいポイントです。オッズはそれほど高くないのですが、的中を積み重ねることで、やがて大きな資金へと成長させていくことができるでしょう。

1時間程度ベット画面に張り付くことができるならば、是非ライブベットを実践してみましょう。結果が出るまでのスピード感を堪能したら、ライブベット以外の賭け方では飽き足らなくなってしまうことでしょう。

ハンディキャップで推しチームに賭ける

ブックメーカーにおいて、バスケットボールに賭ける際には「ハンディキャップ」を付けることで、実際には負けるチームの勝利にベットすることができます。

特にバスケットボールファンの方は、自分が応援しているチームが格上の相手と対戦する際、どのように賭ければいいのか迷うことでしょう。チーム愛を示すのであれば、推しチームの勝利に賭けたいものの、現実的には相手チームが勝つ可能性の方が高い。

私もサッカーが好きなので、そのような葛藤に苛まれたことは多々あります。しかし、そんな葛藤までもブックメーカーは乗り越えさせてくれるのです。それが「ハンディキャップ」という賭け方。

この方法を用いた場合、ハンディキャップを加算したポイントでの勝敗でベットの結果が決まるので、本来は応援しているチームが負けていたとしても、ハンディキャップの数値以内の得点差であれば、配当を得ることができます。

ブックメーカーによっては「スプレッド」という名前でオッズが用意されていることもあります。

トータルスコアは的中させやすい

きちんとデータ分析をすれば、かなり高い的中率を誇るのが「トータルスコア」です。

チームごとのトータルスコア、両チーム合計したトータルスコアの双方に賭けることができます。一般的な賭け方は「○点以上/以下」というオーバー/アンダーの賭け方で、可能性が高い事象ほど低オッズ、逆に可能性が低い事象ほど高オッズが付けられます。

もちろん、バスケットボールの試合は始まってみなければ、どのような試合展開になるかは分からないのですが、予想するチームがどれだけの得点力を誇っているかということを、きちんと事前に情報収集し、データの分析をしておけば、高確率で的中させることも夢ではありません。

データ分析の結果とオッズには、乖離が生じている可能性もあります。その場合には、高オッズを的中させられるチャンスです。

ブックメーカーにおいては、低いオッズを着実に的中させていくことはもちろん重要ですが、同じように高いオッズを的中させることも大切です。特にトータルスコアについては、過去の試合でどれだけ得点してきたかという情報が非常に大切になるので、抜かりなく情報を収集し、戦略に活かしたいところです。

ライブベットにおいては、クォーター単位での得点数を予想することもできます。こちらも、どのクォーターにおいて特に高い得点力を誇るのか、きちんと分析しておけば、かなり高い確度で的中させることができるでしょう。

ブックメーカーにおけるバスケットボールベッティングの対象試合

ブックメーカーで賭けの対象試合に設定されているバスケットボールの試合は、非常に幅広いのが特徴です。全世界で行われている各国のリーグ戦はもちろんのこと、代表チーム同士で争われる大きな国際大会もその対象試合となっています。

各国のリーグ戦

ブックメーカーごとに取り扱いは異なっていますが、総じて以下のようなリーグが対象試合となっています。

賭けの対象リーグ
NBA
(アメリカ)
リーガACB
(スペイン)
ブンデスリーガ
(ドイツ)
セリエA
(イタリア)
LNB
(フランス)
A1エスニキ
(ギリシャ)
エールディビジ
(オランダ)
ABL
(オーストリア)
LCB
(ポルトガル)
バスケットリガン
(スウェーデン)
スーパーリーグ
(ウクライナ)
BSL
(トルコ)
バスケットリガエン
(デンマーク)
プレミアリーグ
(イスラエル)
BLB
(ベルギー)
A1リーガ
(クロアチア)
LTL
(リトアニア)
LBL
(ラトビア)
LNB
(スイス)
VTBユナイテッドリーグ
(旧ソビエト連合諸国)
KBL
(韓国)
NBL
(ニュージーランド
・オーストラリア)
PBA
(フィリピン)
Bリーグ
(日本)

リーグ戦だけであっても、これだけの充実度を誇っています。また、プロリーグではなくアメリカの大学リーグであるNCAAも多くのブックメーカーにおいて賭けの対象試合として、オッズが提供されています。まさに、バスケットボールファンにとっては、たまらないラインナップとなっているのです。

さらに、南アメリカ州など知名度が低いリーグについても、対象試合に設定しているブックメーカーは存在します。一部のブックメーカーにおいては、試合をストリーミング視聴することもできますので、プロのバスケットボールの試合の激しさを堪能しながら、多様な賭け方を楽しむことができるのです。

主要な国際大会

各国のリーグ戦だけではなく、国際舞台における代表チームの主要大会も賭けの対象試合となっています。

具体的には

  • FIBAバスケットボールワールドカップ(世界選手権)
  • FIBAバスケットボールヨーロッパ選手権(ヨーロッパ)
  • ユーロリーグ

等です。ブックメーカーでバスケットボールだけに賭けようと思っていても、十分すぎるほどの充実度があるので、楽しみが尽きることはないでしょう。

まとめ

世界的にも人気が高いバスケットボールは、ブックメーカーでもベットが盛り上がります。他のスポーツと比較しても、大会全体の予想からライブベットまで、賭け方がとても充実しているので、バスケットボールファンはもちろんのこと、よくルールを知らない初心者であっても十二分に楽しむことができるはずです。

ただ単にバスケットボールの試合を見るだけでも興奮するのですが、そこに資金が増える可能性も加われば、その楽しさも倍増するはず。新時代の新たなエンタメとして、ブックメーカーでバスケットボールに賭けてみるのはいかがでしょうか。

>>ブックメーカーの基本的な賭け方と基本オッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です