ブックメーカーでeスポーツの賭け方!オッズと対象試合など

近年新たに誕生し、急速にプレイ人口が増えているeスポーツに、ブックメーカーでは賭けることができます。今や億単位の賞金が与えられる世界大会が開催されるなど、その市場規模はどんどん広がっていくばかり。

この記事では、ブックメーカーにおけるeスポーツへの賭け方やオッズ、賭けの対象試合について、詳しく解説していきたいと思います。

そもそもeスポーツとは?

Eスポーツとは、Electronic Sports(エレクトロニックスポーツ)の略語です。簡単に言えば、コンピューターゲームをスポーツとして捉え直した概念。例えば、サッカーの大人気ゲーム「ウイニング・イレブン」などが、1つの競技に認定されているのです。

Eスポーツを通じては、プロアスリート並みに高額年俸を稼ぎだすことも可能。実際に、特定のゲームにおいては、プロ認定のためのアスリートビザも発行されており、知名度の高い選手には、大きな企業からスポンサーが付けられることもあります。

何人かのプロゲーマーは、億単位の年収を稼ぎだしているとも言われており、近い将来、本物のアスリートを超える日も訪れると言われているのです。それだけ盛んなeスポーツですから、ブックメーカーでも取り扱いが充実してくるのは必然と言えるでしょう。

当初は「ただのゲームが得意な人の集まり」という認識しか持たれていなかったeスポーツですが、今や立派なスポーツの一種として、世界中で親しまれているのです。その競技人口は、1億人を超えているとも言われています。今後も、プレイヤー人口の増加、多くのプロゲーマーの誕生など、これまでのスポーツ界に風穴を開けるような勢いで成長してくることは間違いありません。

最近では、ほぼすべてのブックメーカーがeスポーツを賭けの対象試合として、オッズを提供。他のスポーツと同様に、様々な賭け方で楽しむことができます。

ブックメーカーでのeスポーツへの賭け方

「ゲームで稼げるならば、自分も勉強なんてせずにゲームだけしてくればよかった」なんていう風に考える方もいるでしょう。社会人となり、会社での立場を築き、さらに家庭も持つようになったというような方は、今更eスポーツプレイヤーに転身しようと思っても、なかなか難しいところですよね。

しかし、別にプレイヤーにならなくても、eスポーツで稼いでいく方法があります。それが、ブックメーカーでeスポーツの試合に賭けることです。

他のスポーツと同様に、eスポーツで試合について予想し、その予想が的中すれば、オッズに応じて配当を受け取ることができます。Eスポーツと一口に言っても、その競技内容は様々ありますので、それぞれの試合ごとに、面白い賭け方も用意されているのです。

それでは、ブックメーカーにおいてeスポーツにどのような賭け方ができるのでしょうか。ブックメーカーが提供しているオッズの種類について、解説していきます。

  • 大会の優勝予想
  • 賭けの対象試合における勝利者予想
  • 大会のMVP予想

上記の賭け方はほんの一例です。ほかにも、ブックメーカーによってはライブベットを充実させている場合もあります。

今後ますますプレイ人口が増え、市場規模が拡大していくであろうeスポーツは、さらに豊富な賭け方を楽しめる競技へと変わっていくでしょう。すると、幅広いレンジのオッズから、自分好みの賭け方を選択して、自分のペースで資金を増やしていくことができるようになるはずです。

オススメの賭け方とオッズ

幼い頃によくテレビゲームで遊んでいたという方はイメージできやすいと思いますが、ゲームが強い人って、もの凄く強いですよね(笑)

いくら頑張っても、どれだけのハンディキャップをもらっても勝てないという経験をした方は多いことでしょう。

競技としてのeスポーツも、比較的実力通りの結果になりやすいと言われています。特に個人戦の場合には、なかなか番狂わせが起こらず、格上選手が勝利するのが一般的です。

Eスポーツで番狂わせが起こりづらい理由としては、以下のようなものがあります。

  • 体力勝負ではないので、それほどコンディションに左右されない
  • 怪我などのアクシデントが起こる可能性が低い

そのため、eスポーツにおけるオススメの賭け方は、着実に利益を出すために「オッズが低い選手に賭ける」という方法です。実力伯仲の試合の場合は、両者のオッズが2倍前後で均衡しているのですが、比較的実力差のある勝負の場合には、格上選手のオッズが1倍台、格下選手のオッズが3~5倍台程度に設定されているものです。

番狂わせがなかなか起こりづらい以上は、着実にベットを的中させていくのが賢明です。1倍台のオッズを的中させたところで、それほど利益を得られないと感じる方もいるかもしれません。しかし、確実性の高い1倍台のオッズを的中させつつ、得た利益を軍資金に加え再投資していくことで、複利の効果を発揮して加速度的に資金を成長させることも可能です。

最初はゆるやかにしか増えない資金も、10回目20回目と的中を重ねることで、オッズが小さくても当初の元手から何倍も大きな資金を作り出すことができます。

Eスポーツに賭ける時には、対象試合のベット画面において、オッズに大きな開きがあるかどうか注目してみましょう。もちろん、「オッズ=発生確率」ではありませんので、オッズが低い賭け方が必ず的中するわけではありません。

しかし、実現可能性はかなり高いので、比較的ローリスクで賭けることができます。

ブックメーカーで賭けられるeスポーツの対象試合

eスポーツ業界における主要な大会に「League Of Legends」というものがあります。通称lol(ロル)と言われ、日本版のリーグは「League Of Legends Japan League」と言われています。

プレイヤーは1ゲーム当たり1~10人で、eスポーツ公式のリーグ戦として、チーム単位での勝敗が争われる大会です。

この大会における多くの試合が、ブックメーカーにおいてオッズが提供される賭けの対象試合となっています。勝敗予想の賭け方が一般的ですが、そのほかにも

  • どちらのチームがより多く相手を倒すか
  • (格闘ゲームにおいて)両チーム合計で何体のモンスターを倒すか

などといった賭け方を楽しむことができます。

League Of Legends は世界で最も主要なeスポーツの大会であり、多くのプロゲーマーも登場しています。

そのほかに、「カウンターストライク:グローバルオフェンシブ」というゲームを扱う大会も多く開催され、各地で開催される国際大会が、ブックメーカーにおいて賭けの対象試合に設定されます。世界各地で頻繁に開催されているため、1年中オッズが提供されるのです。

また、eスポーツの大会における賞金額としては最高と言われているのが、毎年夏にアメリカのシアトルで行われる「The International(ジ・インターナショナル)」という大会です。この大会では、「ドータ2」というゲームを扱っており、世界各地の有力なゲーマーが集結。レベルの高い大会とあって、ブックメーカーでもベットが盛り上がりを見せるのです。

eスポーツに賭けるのにオススメのブックメーカー

eスポーツの市場規模拡大に伴い、多くのブックメーカーでeスポーツを賭けの対象試合として取り扱うようになっています。しかし、取り扱いの充実度にはブックメーカーごとに差があるといわざるを得ません。

今後は、どのブックメーカーにおいてもそれなりにeスポーツの充実度は高まっていくでしょうが、やはり現時点で既にある程度の充実度があるブックメーカーで賭けを楽しみたいですよね。そこで、eスポーツへの賭けにおいて特にオススメ度の高いブックメーカーを、4つ紹介していきたいと思います。

ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツは、業界の中でもトップクラスにeスポーツの取り扱いが充実しています。アメリカのBlizzard Entertainment社が開発した世界最大のMMOである「ワールドオブウォークラフト」を賭けの対象としているのは、ピナクルスポーツだけだと言われています。

ピナクルスポーツのeスポーツのページは、情報量が多く、賭けの際の大きな参考になること間違いなしです。今後どのような大会が開催されるのかというスケジュールも公開されているので、ベットの計画を立てていく上でも、非常に使いやすいブックメーカーとなっています。

さらに、eスポーツのベットの仕組みや大会情報などについて細かく記載してあるブログも公開。Eスポーツにはなかなか詳しくないという初心者の方であっても、それらの情報を参考にすることで、自分に最適な賭け方を実践できることでしょう。

さらに、ピナクルスポーツそのものが業界においても最も高いオッズを提供していることが、圧倒的な魅力です。ブックメーカーで稼いでいくためには、少しでも高いオッズを的中させていくことが大切です。全く同じリスクでありつつも、他のブックメーカーよりお得なオッズに賭け、着実に資金を増やしていくことができるはずです。

Arcanebet

Arcanebetは、2017年にできたばかりの比較的新しいブックメーカーです。その最大の特徴は、eスポーツへの賭けに特化しているということ。

日本語に対応していない点は、非常に残念なのですが、eスポーツ専門でブックメーカーを楽しみたいと考えている方には、かなりオススメ度の高いブックメーカーです。

他のブックメーカーでは一切取り扱いがないようなゲームも、Arcanebetでは賭けの対象試合としてオッズを提供しています。具体的に賭けられるゲームとしては、

eスポーツ
Counter-Strike:
Global Offensive
Dota 2
League Of Legends Hearthstone
Overwatch Heroes of the storm
StarCraft 2 Call of Duty
Vain Glory HALO
World of Tanks Smite
Clash Royale Cross Fire

などがラインナップ。ライブベットも充実しているので、様々な賭け方で、eスポーツへのベッティングを楽しめるはずです。

bet365

bet365は世界でも最大規模のプレイヤー人口を誇るブックメーカーで、そのeスポーツの取り扱いも非常に充実しています。

Bet365では、初回入金時に最大100ドルのボーナスを受け取ることができるため、お得に軍資金を増やすことが可能。多少リスク許容度を高めた状態で、初めてのeスポーツベットに臨むことができるのです。

Bet365では特に「カウンターストライク:グローバルオフェンシブ」に関しての賭けを充実させています。全部で8つの大会を賭けの対象試合としており、大会ごとにそれぞれオッズが提示されます。そのほかにも、

  • リーグオブレジェンド
  • Dota2
  • オーバーウォッチ

など、様々なゲームが賭けの対象試合となっており、幅広い選択肢の中からベットを楽しむことができるのです。

ウィリアムヒル

ブックメーカー業界において最も長い運営実績を誇るウィリアムヒルにおいても、新鋭スポーツであるeスポーツを賭けの対象試合として取り扱っています。

ウィリアムヒルでeスポーツに賭ける際には、eスポーツ専用の特別なボーナスを受け取ることもでき、軍資金をお得に増やした状態で、様々な賭けを楽しむことができるのです。

世界の主要大会である「リーグオブレジェンド」については、7つもの大会を網羅しており、1年にわたって、様々な試合に賭けることができます。

そのほか、Dota2やカウンターストライク:グローバルオフェンシブなどの主要なゲームもしっかりと網羅しているので、eスポーツベッティング初心者であったとしても、安心して賭けることができます。

まとめ

Eスポーツは、2022年のアジア競技大会において正式種目として認められることになりました。国際的な知名度も高い大会での正式種目となるため、いかにeスポーツが市民権を獲得してきたかということが伺えることと思います。

特定の国や地域だけではなく、全世界において注目度が高まっていることも大きなポイントです。全世界で注目されるからこそ、全世界のプレイヤーが登録しているブックメーカーにおいて、ますますオッズやベットが盛り上がっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です