ブックメーカーでボクシングの賭け方!オッズと対象試合など

幅広いスポーツに賭けることができるブックメーカーでは、ボクシングにも賭けることができます。

日本人でも村田諒太選手や井上尚弥選手が活躍しているとあって、注目している人も多いと思います。

ブックメーカーではボクシングにどのような賭け方ができるのか、またオッズや対象試合にはどんな試合があるのかということについて、この記事で紹介していこうと思います。

>>ブックメーカーの基本的な賭け方と基本オッズ

ブックメーカーのボクシングの賭け方

ボクシングは拳と拳のぶつかり合い、という非常にシンプルなスポーツです。

しかし、ブックメーカーにおける賭け方は様々で、初心者向けのものから玄人好みの賭け方まで多数用意されています。

いくつか具体的な例を紹介すると、

  • 対象試合における勝者はどちらか(または引き分け)
  • 対象試合の決着の仕方
  • 対象試合で勝者の決まるラウンド

などがあります。詳しくは後述しますが、どのような賭け方を選択するかによって、オッズも大きく異なってきます。

ボクシングのベットの的中率を着実に高めていくためには、情報収集が非常に重要になります。

チームスポーツではなく、個人スポーツなので、ボクシングは他のスポーツと比較しても、その選手の情報についてしっかりと把握することは絶対に欠かすことができない作業です。

  • 最近の戦績
  • 最近の調子
  • 対戦相手との相性

などといった当たり前の情報はもちろんのこと、SNSで試合前の生活の様子を観察し、当日の体調を予想することでさらにベットの精度を高めていくといったような方もいるようです。

闇雲なベットでも、もちろん的中すれば配当はもらえます。しかし、それはギャンブルでしかありません。

ブックメーカーにおけるボクシングを通じて投資をしていきたいと考えているのであれば、きちんとベットの前に対象試合にまつわる情報について、リサーチすることを徹底しましょう。

リサーチした結果、今回のベットが外れてしまったとしても、そのリサーチを蓄積させていけば、必ず将来的に的中率を高めていくことができるはずです。

おすすめのボクシングの賭け方

ブックメーカーは様々な賭け方を楽しめますが、やはり小難しい賭け方は避けたいところ。

そこで、とてもシンプルに賭けることができるオススメの賭け方について、5つ紹介したいと思います。

勝者予想

ブックメーカーにおけるボクシングの最もオーソドックスな賭け方が「勝者予想」です。その名の通り、賭け対象の試合でどちらの選手が勝利するか、もしくは引き分けになるか、ということを予想します。

ブックメーカーごとにその表記は異なり、「試合ベッティング」「To Win Fight」「Money Line」などといった表記になっています。

勝者予想には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
シンプルに賭けられる オッズが低め
予想が比較的容易
(順当になりやすい)
引き分けの場合もあるので、2択ではない

他の賭け方と比較して、とにかくシンプルというのが最も大きな特徴です。

あまりボクシングに詳しくない方は、難しいことを考えたくないという方も多いでしょう。そんな方でも、特に迷うことなくベットすることができます。

また、比較的ボクシングの試合は格上選手が格下選手を倒すというように、順当な結果に終わることがほとんど。

そのため、もちろん結果が確定しているわけではないのですが、割とリスクは低めでのベットが可能です。

ボクシングにおいて格上選手のオッズはかなり低く、1倍台であることがほとんど。一方で、格下選手のオッズはかなり高めに設定。一獲千金を狙いたいという方にとっては、チャンスととらえることもできます。

また、さらに美味しいオッズは引き分けの場合。ボクシングでは引き分けになるケースはあまりないため、20倍台、30倍台といったようなかなり高オッズが設定されていることも少なくありません。

しかし、残念ながら引き分けが的中する可能性は低いので、ベットするという選択はあまり現実的ではありません。

試合の決まり方

勝者予想と比較して、やや複雑な賭け方が、「試合の決まり方」です。

賭けの対象試合において、どちらの選手が勝利するかということだけではなく、その勝ち方は何なのかということも合わせて予想します。

この賭け方には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
オッズが高い 的中の難易度が高い
豊富な知識や分析が必要

この賭け方の最大の特徴は、オッズが高いこと。複数の要素を的中させなければならないので、難易度も数段上がり、それに応じてオッズも上昇します。

AとBの試合においては、以下の5通りのベット方法が用意されます。

  • AがKO勝ちor TKO勝ち
  • Aが判定勝ち
  • BがKO勝ち or TKO勝ち
  • Bが判定勝ち
  • 引き分け

例えばAの方が圧倒的に格上であるというような場合には、単にAの勝利と賭けるよりも、AのKO勝ちと賭けておいた方が、お得に配当を得られる可能性は高くなります。

しかし、やはりボクシングの試合は水物ですから、どう転ぶかは誰にも分からないところです。少しでも的中の確率を上げたいと考えている場合には、その分オッズは低くなりますが、賭け方を的中率が高い勝者予想だけにとどめておく方が無難と言えるでしょう。

また、実力伯仲の選手同士の試合の場合には、この賭け方はあまりオススメできません。あくまで、「実力差が離れている者同士の試合」に最適な賭け方であることは頭に入れておきましょう。

ラウンドベッティング

試合の決まり方に、さらに「いつ決まるか」という要素を加味したのが、「ラウンドベッティング」です。

この賭け方には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
オッズが高い 的中の難易度が高い
豊富な知識や分析が必要

先に紹介した「試合の決まり方」の応用編のような賭け方。そのため、メリットとデメリットは同じですが、比較するとさらに一段高いところにあると考えれば良いでしょう。

KO勝ちまでは予想できても、それが第何ラウンドになるか、ということはそうそう的中させられるものではありません。よって他の賭け方と比較してもかなりの高オッズが提供されることになります。

最も低くても、10倍以上のオッズとなっていることも珍しくなく、一獲千金を狙いたい方は、よく分析をしてベットしてみると、夢のある金額を配当として得られるかもしれません。

この賭け方は、「C VS D」というボクシングの試合において、以下の27の選択肢からオッズを選択します。

  • ○ラウンドでCが勝つ(第1~12ラウンド)
  • Cが判定勝ち
  • ○ラウンドでDが勝つ(第1~12ラウンド)
  • Dが判定勝ち
  • 引き分け

毎回超人的なスピードで相手をKOさせるような最強プレイヤーならば、第1ラウンドでの勝利にベットするだけの価値はあるかもしれません。

しかし、それ以外の場合にはかなりリスクの大きな賭け方であるように感じるので、あまりオススメの賭け方とは言えません。

ラウンドベッティング②

上記で紹介したラウンドベッティングを、比較的少しだけ簡単にしたものもブックメーカーは提供しています。

それが、賭けの対象試合1試合を複数ラウンドごとのグループに分けて、勝利のタイミングを予想するというものです。

例えば、「E VS F」という試合で、全12ラウンドを以下のように4つのグループに分けたとします。

第1グループ 1~3ラウンド
第2グループ 4~6ラウンド
第3グループ 7~9ラウンド
第4グループ 10~12ラウンド

このグループ分けをもとにして、以下のような選択肢から賭け方を選びます。

  • 第〇グループでEが勝ち(第1グループから第4グループ)
  • Eが判定勝ち
  • 第〇グループでFが勝ち(第1グループから第4グループ)
  • Fが判定勝ち
  • 引き分け

選択肢は全部で11通りなので、やや条件は緩やかとなっています。それでも、的中させるのは決して容易ではないため、10倍台にも迫るような高いオッズが提供されます。

少し冒険的な賭け方をしてみたいけど、リスクを冒しすぎたくもないと考えているような方には、大変おすすめ度の高い賭け方と言えます。

最終ラウンドまでもつれるか

この賭け方は、試合が最終ラウンド(第12ラウンド)までもつれるかということを予想します。

第12ラウンドでKOになるか、判定まで持ち込まれるかについてまでは考慮されません。

この賭け方には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
的中させやすい 特になし
オッズはさほど悪くない
すぐに結果が反映される

個人的には、この賭け方はかなり優秀な賭け方だと感じています。

対象試合が最終ラウンドまで行くか行かないかの2択なので、選手同士の実力差をそこまで考慮する必要はありません。

また、オッズについてはかなり主観も入っていますが1倍台後半以上の数値になっていることも多く、的中させやすい割には、かなり有利なオッズだと感じます。

「最終ラウンドまで突入しない」と予想した場合には、どちらかがKO勝ちを達成した時点でベットは終了となり、その時点で配当を獲得することができるのです。

ボクシングのことについて、特に知識がない初心者の方にとっては、難しいことを考える必要がなく、安心してベットすることができると思います。

オッズも2倍付近の数値で安定していることが多いので、「最終ラウンドまでもつれない」へのベットをマーチンゲール法で行うという手段もオススメです。

ボクシングのオッズ

ブックメーカーにおいて、ボクシングの試合のオッズは、実力のある選手ほど低く、逆に実力がないほど高くなります。

これはどのスポーツでも同じ事です。

しかし、有名選手ばかりが集う大きな大会は、特に注目度も高くなるため、賭けの対象試合では、両者のオッズが高めに設定されることがあります。

勝者予想の賭け方でも、双方に2倍以上のオッズが付くなど、願ってもないようなチャンスもあります。

この場合、1つのブックメーカーで両者に賭けることはできないのですが、複数のブックメーカーを利用すればアービトラージで100%利益を出すことも難しくありません。

もちろん、アービトラージ違反に引っ掛かると、勝利金が没収されてしまうなどのリスクもあるので、注意はしなければならない部分であります。

ブックメーカーで賭けられる対象のボクシングの大会

ボクシングには、ワールドカップのように、誰もが目指す「これ」といった大会はありません。

様々な認定団体が存在しており、その認定団体ごとにそれぞれ世界王者を決める大会が開催されているのです。

具体的には、WBA、WBC、IBF、WBOのようなボクシングの認定団体が存在しています。

世界的にも有名な団体の開催する大会は、大々的に取り上げられ、注目度も抜群。そのため、各方面からベットが集まり、賭けも盛り上がりを見せるのです。多くの人気が集中する場合、オッズに歪みが生じることもあるため、ローリスクでの高い配当を狙うチャンスも広がるでしょう。

ボクシングは基本的に、毎週世界各地で、何かしらのタイトルマッチは行われています。そのため、有名な選手はもちろん、良く知らないような選手の試合でも賭けの対象試合となっているので、稼ぐチャンスは広がっていると言えるでしょう。

オリンピックは大チャンス?

2016年のリオデジャネイロオリンピックから、ボクシング競技にはプロが参加することが許可されました。

元々、オリンピックにはアマチュアしか出場できなかったため、その後プロボクサーになるための登竜門的な位置付けだったのですが、2016年は初めてプロが参加。

たしかにアマチュアに有力な選手は多いのですが、流石にプロには敵わないだろうという見方が大半を占めていました。

しかし、結果は真逆。参加したプロはいずれも早期敗退を余儀なくされ、アマチュアの実力の高さが証明されたのです。

すると、2020年の東京オリンピックは見逃せません。ブックメーカーのボクシングへのベットで稼ぐ大チャンスであるとも言えます。

というのは、やはり一般的な感覚から言えば、「プロ対アマチュア」という構図の試合では、どうしてもプロにベットしたくなる方が多いからです。

その結果、プロのオッズが低く、アマチュアのオッズが高く設定されることになります。

つまり、あまりベットの集まっていないアマチュアに賭けることで、美味しい配当を一気にいただくことができるというわけです。

もちろん、プロもそのプライドにかけて、同じことは繰り返さぬようにと挑んでくるはず。

より一層ハイレベルになった戦いを見ながら、ベットを楽しむことができるようになることでしょう。

まとめ

ボクシングは、日本人選手も多く活躍していることもあり、ブックメーカーで人気を集めるスポーツの1つとなっています。

基本的な賭け方は勝者を予想するというものなのですが、いくつかの要素も加えることで、難易度が高くなり、高オッズを狙うこともできます。

他のスポーツのように、100を超えるほどの賭け方があるわけではないので、難しいことはまだよく分からないというようなブックメーカー初心者やボクシング無知の方には、大変おすすめ度の高いスポーツです。

これからブックメーカーデビューで、どのスポーツに賭けるか迷っている方は、ボクシングを選択してみてはいかがでしょうか。

>>ブックメーカーの基本的な賭け方と基本オッズ