ブックメーカーでスポーツ以外に賭けられるもの

ブックメーカーでスポーツ以外のことにも賭けることが可能です。

実は、ブックメーカーごとに色々と面白い賭け対象を用意しており、「こんなのも?」と驚くような事象にも賭けることができるのです。

この記事では、スポーツ以外の部分に注目し、具体的にブックメーカーでどのような事象に賭けることができるのか、解説していきたいと思います。

>>ブックメーカーの基本的な賭け方と基本オッズ

ブックメーカーでスポーツ以外に賭けられるもの

ブックメーカーでは、基本的にスポーツの試合の展開や結果がどうなるかということを予想し、リアルマネーをベットしていきます。

1つのブックメーカーにつき大体30種目以上のスポーツには賭けられるので、それだけで十分と思う方も少なくないでしょう。

しかし、ブックメーカーではその他に、一風変わったスポーツ以外の面白い賭け対象を用意しているのです。

その中には、なんとなく結果が予想できそうなものもあれば、絶対に予測不可能、ザ・ギャンブルというようなものまで様々。

スポーツ以外の賭け特有の、また違った感覚を味わえること間違いなしです。

では、具体的にスポーツ以外のどのような事象に賭けられるのか、見ていきましょう。

【スポーツ以外の賭け対象】政治

世界各国で定期的に行われる党首選挙や議員選挙。これらの政治に関連した事象も、過去にベットの対象となったことがあります。

政治関連の賭け対象
アメリカ大統領選挙
(各党の候補者)
現職大統領の在任期間
オーストラリア総選挙 オーストラリア州知事選挙
イギリス首相選挙 イギリスの政治全般
フランス首相選挙 ドイツ首相選挙
次にEUを離脱する国

政治関連の出来事にお金をかけるのは、果たしてアリなのかナシなのか、その点は甚だ疑問の大きいところですが、スポーツ以外にも、このようなベットを行うことができるブックメーカーも存在します。

近々行われる選挙で言えば、2020年にアメリカ大統領選挙、東京都知事選挙などがありますね。

大統領選挙で言えば、安全性重視ならトランプ大統領、高オッズ狙いなら対抗馬という感じになるのでしょうか。

都知事選で言えば、安全性重視なら小池百合子、高オッズ狙いなら対抗馬でしょう。

普段、政治のニュースはしょうもないニュースばかりで、一切興味がないと感じている方もいるでしょう。しかし、政治に賭けることができると知ると、少し興味が湧いてきますよね。

例えば日本の選挙に賭けようとすれば、それぞれどんな政策を目指していて、どのような未来が期待されるのか、それに対して国民からはどのような評価を得ているのか、といったあたりをかなり調べることになるはずです。

すると、否が応でも政治に対する関心は高まっていくでしょう。その入り口として、このようなスポーツ以外の賭けを利用するのも悪い話ではありません。

【スポーツ以外の賭け対象】経済

経済へのベットと聞くと、なかなかイメージが湧かないかもしれません。しかし、過去には以下のような事象が賭けの対象となったことがありました。

経済関連の賭け対象
政策金利 実質経済成長率
人口統計 株価

なかなか面白い賭け対象ですよね。株価については、上昇するのか、もしくは下落するのかというような賭け方もあるようです。

仮に株価が下がってしまったとしても、「株価下落」に賭けていれば、資金を増やすことができますからね。

どのようなオッズが付けられるのかという情報は分かりませんが、オッズ次第では、全資金のうち一部をブックメーカーの株価予想(下落に予想)に、残る分を賭けの対象となっている株式の購入に費やせば、理論上必ず利益を出せる構造ができるかもしれませんね。

そのほかにも、経済を賭けにして予想する場合には、かなり多くの情報を収集し、そこから予想を立てる必要があります。すると、自ずと教養も身に付いていくことでしょう。

教養も身に付き、資金も増えていく。ブックメーカーのスポーツ以外の賭けを利用して、そのような素晴らしい機会としてみなすのも、個人的にはオススメです。

【スポーツ以外の賭け対象】芸能

数多く世間に話題を提供する芸能関連のニュースも、実はブックメーカーでは賭けの対象として扱っています。

具体的には、以下のような賭け方が有名です。

芸能関連の賭け対象
アカデミー賞 グラミー賞
ノーベル賞 ミスユニバース
世界のレストラン50選への入選 ブッカー賞
映画で主役を務める人物 特定の有名人の次の子供
〇月〇日時点での特定の有名人のTwitterフォロワー数 特定の有名人のTwitterフォロワー数〇万人到達日予想

芸能関連の賭け方は、スポーツと同じような充実度を見せている場合もあります。毎年表彰のあるような各種授賞式での受賞者予想から、Twitterのフォロワー予想やレストランランキングへの入選予想なども、本当に様々楽しい賭け方が用意されています。

アカデミー賞は毎年2月、ノーベル賞は毎年10月の発表と時期が決まっているので、該当の日が近づいてくると、オッズが提供され、自分で「これだ」と思う事象に賭けることになります。

芸能関連のニュースに疎かったという人は、オッズが用意されている作品だけでもチェックしてみると、話題の作品について振り返ることができるでしょう。

ノーベル賞については、少し内容が高度にはなりますが、調べてみて損はない内容です。政治や経済関連のニュースと合わせて、教養を深めていくチャンスとも捉えることができます。

また、イギリスで毎年放送され、全世界から大きな注目を集めている公開オーディション番組「ブリテンズ・ゴッド・タレント」。このオーディションの優勝者は誰かということも、定番の賭け方として、イギリス人を中心に人気を博しています。

この番組は、過去にスーザン・ボイルが輩出されるなど、その後世界で有名になるような金の卵を発掘するという意味でも、注目していて損はありません。

このほか、一部のドラマや映画の結末予想という賭け方ができる場合もあるようです。

芸能関連のニュースについては、かなり予想が難しい部分もあります。しかし、だからこそスポーツ以外の賭け特有の緊張感やドキドキ感を味わうこともできるでしょう。

【スポーツ以外の賭け対象】天候

みなさんが毎日気にしているであろう天気予報。実は、天気がどうなるかということも賭けの対象として、ブックメーカーでは楽しむことができるのです。

具体的な賭け方としては、以下のようなものがあります。

天候の賭け対象
クリスマスに降雪はあるか 降水量
その1年間における最高気温

普段は「明日天気になぁれ」と上靴を飛ばすくらいしか楽しみ方がなかった天気も、なんとお金稼ぎの手段に利用することができるのです。

基本的には、イギリス国内の天候が賭けの対象となっているのですが、ブックメーカーは世界各国に登録者がどんどん増えていますので、もしかすると今後はその賭けの対象範囲が広がっていくかもしれません。

最近は、全世界で見ても、天候は不安定に陥っており、数年前にはエジプトで何百年ぶりかに降雪を記録するなんていうこともありました。

予想だにできないことが頻繁に起こる世の中になっていますので、スポーツ以外の賭けの中で一番高オッズを狙えるのは、この天候予想の賭け方なのかもしれません。

【スポーツ以外の賭け対象】時事ニュース

これまで紹介したスポーツ以外の賭けの各ジャンルにも該当するような内容にもなりますが、現在進行形で世間の大きな関心事となっていることについても、賭けの対象となります。

具体的には、以下のような事象が賭けの対象となっています。

時事ニュースの賭け対象
次回五輪の開催地 イギリスのEU離脱を問う国民投票
スコットランドの独立を問う国民投票 次回ワールドカップの開催地

国民投票は定期的に行われるものではありませんが、EU離脱など、国民に問う必要がある場合には、開催が決まります。

国民投票の開催が決まると、オッズが並びます。Xデーから離れた時期の場合は、世論もまだまとまっていない段階なので、どちらが優勢なのかということも分からず、比較的高いオッズから選択することができます。

時期が徐々に近づいてくるにつれて、世論がどちらに傾いているかが分かり、それに応じてオッズが左右されます。

前評判通りには事が進まないのが、国民投票の面白いところ。例えば、「イギリスのEU離脱」を問う国民投票において、当初は「残留派」が優勢だったとしましょう。

その時点におけるオッズは、以下のようになります。

EU残留派 低オッズ
EU離脱派 高オッズ

しかし、EU残留を訴える政党の有力者が女性絡みの問題を指摘されると、一気に風向きが変わるかもしれません。するとオッズは、

EU残留派 高オッズ
EU離脱派 低オッズ

といったように変化していきます。

そして迎えた国民投票当日。天気はまさかの大雪で、多くの人が「自分くらい投票に足を運ばなくても結果は変わらない」と考えることでしょう。

すると、オッズや世論から判断すれば、「EU離脱」が濃厚だったにも関わらず、投票者が多くの候補者が投票に足を運ばなかったために、どんでん返しで「EU残留」が決まる。

なんていうこともあるかもしれません。国民投票など、政治の世界では、ほんの小さな火種が予想を一気に覆すような結果をもたらすこともよくあります。

スポーツの試合ではなかなか番狂わせが起きないのですが、政治の世界は別。このように、スポーツ以外の賭けでは、時に大波乱が起きて、美味しいオッズを一気に獲得するなんていうことも夢ではないかもしれません。

【スポーツ以外の賭け対象】宝くじ

NetBetなど、一部のブックメーカーでは、宝くじを購入することができます。

宝くじというと、還元率は40%程度しかないので、「絶対当たらないでしょ」と感じている方も多いかもしれません。

しかし、それはあくまでも日本の宝くじの話。

世界に目を向けると、日本とは違って当たりやすく、配当も美味しい宝くじを購入することができるのです。

例えばNetBetでは、以下のような国々の宝くじを楽しめます。

宝くじが買える国
ギリシャ イタリア
スロバキア ラトビア
ポーランド フランス
フィンランド アメリカ
カナダ ドイツ
スペイン

このほかにも、ヨーロッパ各国を中心に取り扱いあり。ライブベットではキノを楽しむこともできます。キノでは最大13万倍という夢のまた夢のような配当も。あなたの1ドル(=100円)が13万ドル(=1300万円)になる、なんていう夢のような体験が待っているかもしれません。

ライブベットならば、どんどん結果が確定し、次のベットに臨むことができるので、短時間でザクザク稼いでいくことも夢ではありません。

その他

上記の、スポーツ以外の賭けのカテゴリーには属さないけど、かなり興味深い事象にもオッズが用意されることがあります。

例えば、過去には以下のような事象が賭けの対象となりました。

その他の賭け対象
早食い選手権のチャンピオン予想 オリンピック会場にUFOは飛んでくるか
ネッシーが実在しているか マイケルジャクソンは生きているか

中には「小学生が考えたのか?」と疑いたくなるようなものもありますね。それぞれの事象につき、どのようなオッズが設定されるのかは非常に興味深いところです。

マイケルジャクソンの存否なんて、気になる気にならないの問題ではりませんよね。

一体「マイケルジャクソンは死んでいる」には、どんなオッズが付けられるのでしょうか。ぴったり1倍とか。

また、マイケルジャクソンのスター性を加味すると、どこかで実は生きているかもしれないという期待感から、「マイケルジャクソンは生きている」にもベットは集まるのでしょうか。

ブックメーカーは単なる賭けだけではなく、娯楽としての一面を強めていくために、今後もっとスポーツ以外の面白い賭け方を数多く用意して、我々プレイヤーを楽しませてくれるかもしれませんね。

ブックメーカーでスポーツ以外に賭ける方法

スポーツ以外の対象にオッズを用意しているか否かということは、ブックメーカーにより異なります。

ウィリアムヒルや10betは、業界の中でも特に充実しているという印象です。

どのようなジャンルで、スポーツ以外の賭けがカテゴライズされているかは、ブックメーカーによりけりです。「スペシャル」「エンターテインメント」「政治」「選挙」などその表記は様々。

特定のスポーツ関連の時事的話題の場合には、該当のスポーツにカテゴライズされていることもあります。

実際にスポーツ以外に賭けてみたいというような場合には、このようなジャンルから検索するようにしましょう。

まとめ

ブックメーカーでは、スポーツ以外にも様々なベット対象が用意されており、実際に賭けることができます。

最大の醍醐味はもちろん、スポーツの試合への賭けなのですが、少し飽きてきたとか、エンタメも結構好きというような方は、今回紹介したような賭け方を実践してみても面白いかもしれません。

ブックメーカーでの非日常を味わうことができ、さらにその楽しさを感じられることでしょう。

>>ブックメーカーの基本的な賭け方と基本オッズ