ブックメーカーとは!?ブックメーカーの魅力と還元率

ブックメーカーとは!?ブックメーカーの魅力と還元率

ブックメーカーとは!?魅力と還元率

世の中には様々な形でギャンブルを楽しむことができます。その中でも、世界中で特に人気があり魅力的なギャンブルがブックメーカー投資です。

日本で生活していると、なかなか関わることも少なく、あまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ブックメーカー投資は日本人でも利用でき、しかも稼ぎやすいという魅力たっぷりのギャンブルなのです。

この記事では、ブックメーカーとは何か、その魅力や還元率を中心に紹介していきたいと思います。

ブックメーカーとは?

ブックメーカーとは?

ブックメーカーとは、スポーツベッティングを行うことができるサイトを指します。すると、今度はスポーツベッティングについての知識を頭に入れておく必要がありますね。

簡単に言えば、スポーツベッティングとは、スポーツの試合を賭けの対象にして、リアルマネーを賭ける。そしてその賭けが的中した場合、オッズ(配当)に応じて利益を得ることができるというタイプのギャンブルです。

スポーツの試合に賭けるということは、実はギャンブル規制が敷かれている日本国内でも行うことができます。

例えば、以下のようなものがありますね。

  • サッカーくじ(toto)
  • 競馬
  • 競輪 
  • オートレース

これらの競技に限定せず、非常に様々なスポーツを賭けの対象にしているのが、ブックメーカーです。

では、続いて、多くの日本人が抱えるであろう疑問点について、簡単に説明していきます。

ブックメーカーは日本人でも登録できるの?

ブックメーカーは日本人でも登録できるの?

ブックメーカーサイトは、全て海外の会社が運営しています。

しかし、有名なサイトの多くは日本語対応を実現しており、日本人でも問題なく登録することができるのです。

日本語対応しているブックメーカーならば、日本人のサポートスタッフが常駐しているということもしばしば。そのため、困りごとがあった際も、すぐに対応、解決してくれるのも魅力の1つです。

ブックメーカーでは稼げるの?

ブックメーカーでは稼げるの?

ブックメーカーは、オンラインカジノと並んで稼ぎやすい魅力的なギャンブルとして有名です。その最大の理由は、やはり還元率の大きさ

全ギャンブルの中でも、際立って還元率が高いという魅力があります。

還元率については、記事の後半で詳しく解説しています。

どうせギャンブルをやるなら、稼げる方が良いですよね!

ブックメーカー投資は違法じゃないの?

ブックメーカー投資は違法じゃないの?

日本人が最も懸念している点は、違法性ではないでしょうか。日本では、刑法により賭博行為が明確に禁じられています。そのため、違法と考える方もいるでしょう。

しかし、結論から言えば、ブックメーカーは違法ではありません。なぜなら、我々日本人がブックメーカーで賭博をしたとしても、それは「海外で賭博行為をしている」と見なされるためです。

ブックメーカーサイトは、海外の会社が運営しています。日本の会社が運営しているということはありません。我々日本人が、これらを利用するときは、インターネットを経由して海外のサイトにアクセスしていることになります。

すると、例え日本国内にいたのだとしても、運営元の企業がある国に行って賭博行為をしているという認識になるのです。

その際、プレイヤーは運営元の企業がある国の法律の縛りを受けることになります。日本の刑法は、日本の主権の及ぶ範囲でしか効力を持ちません。そして当然ですが、その国では賭博行為が禁じられていません。

賭博行為が認められている国で賭博をしても、何の違法性も問われません。例えば、海外旅行でマカオやラスベガスに遊びに行ったとします。すると、現地でカジノを楽しんでくるという方もいるでしょう。

その方が帰国後に、日本の警察に逮捕されているかと言われれば、決してそんなことはありませんね。それと同じです。ゆえに、ブックメーカーで賭博をしても、違法性を問われることはないのです。

むしろ、日本国内でもカジノ環境の整備など、ギャンブル推進の方向にも舵を切っていますね。近い将来、ギャンブルの違法性云々という議論すら、なくなっていくかもしれません。

ブックメーカーの魅力

ブックメーカーの魅力

ブックメーカーは、他のギャンブルに比べても非常に多くの魅力があります。その魅力を余すことなく紹介しましょう。

24時間365日ベットができる

24時間365日ベットができる

ブックメーカーでは、世界中のスポーツをベットの対象としています。それは、オリンピックやワールドカップのような大きな大会だけではなく、日本のプロ野球やJリーグ、さらには名前も知らないようなマイナースポーツなども含まれます。

スポーツの試合は、24時間365日、必ずどこかで行われています。「本当にそうなの?」と思う方もいるかもしれませんが、実際に登録してみれば分かります。

ある国は朝の時間帯でも、真裏にある国では夜でスポーツに最適の時間ですからね。

営業時間が過ぎれば賭けることができないパチンコやパチスロ、レースがなければ賭けることができない競馬や競輪と比較しても、いつでもどこでも賭けられるという点も大きな魅力です。

賭け方が豊富

賭け方が豊富

一般的に、スポーツの試合に賭けると言うと、その賭け方は「最終結果はどうなるか」ということだけです。

競馬やtotoなんかを考えれば分かりやすいと思います。しかし、ブックメーカーの場合、最終結果だけではなく、「リアルタイムベット」と言って、試合中の様々な事象にもベットすることができるのです

例えば、スポーツベット最大の目玉とも言える競技・サッカーでは、以下のような賭け方があります。

  • 次のゴールはどちらに生まれるか 
  • 特定の15分間に、ゴールは生まれるか
  • トータルのコーナーキック数はどうなるか
  • 前半終了時点ではどちらがリードしているか

これはほんの一例にすぎず、リアルタイムベットでは100種類を超えるような魅力的な賭け方がある場合もあります。

また、一般的な最終結果の予想についても、どちらのチームが勝利するかということだけではなく、スコアはどうなるか、誰が得点を決めるかといったような賭け方もできるのです。

オンラインベッティングの場合、一度賭けを外してしまったとしても、その試合中にすぐに挽回することが可能。多様な賭け方を組み合わせることで、着実に利益を出していくこともできるのです

個人的なオススメ方法は、DAZNやスタジアムで試合をリアルタイムで見ながら、PKを獲得した瞬間に「次のゴール」に賭けるという方法ですね。

PKはかなり高い確率でゴールが生まれるので、ベットの的中率も非常に高くなりますので非常に魅力的な賭け方です。

ブックメーカーのアービトラージとは何?

小額からでもベットができる

小額からでもベットができる

ギャンブルの勝者と言うと、やはり一気に資金をベットできるだけの大金持ちばかりというイメージもあるかと思います。

たしかにそれは事実です。いわゆる「勝者」と言われるような億万長者の人たちは、常人では考えられないような大きな金額を賭け、それを外したり的中したりを繰り返しながら、一気に資金を増やしています。

しかし、ブックメーカーは小額ベットも可能なので、その点も魅力です。最初に恐怖心があった私自身も、初めてのベットは100円からでした。

そして、その小額が大化けするチャンスがあるのが、魅力の1つでもあります。1つ私の体験談を紹介します。

私は2018年のFIFAワールドカップでベットをしていました。的中したり外したりしながら、徐々に資金を減らしていたので、どこかで一発逆転を狙おうと思っていました。

そして私が目を付けたのが「韓国VSドイツ」の試合です。ドイツは前回大会の王者、しかし初戦のメキシコ戦で敗戦していたために、韓国に敗れるとグループ敗退が決まるという状況でした。

そんな状況ですから、ドイツは当然本気でこの試合に臨みます。実力差から見ても、圧倒的にドイツが有利だったため、多くの予想がドイツ勝利に集まっていました。

そこで私は、あえて韓国勝利にベット。1000円を投じました。その結果、何と韓国が2-0で勝利。

オッズは10倍を超えており、投じた1000円が10000円以上になって私の元に戻ってきました。

わずか1000円という額でもこのように大化けしてくるということも十分あり得るのです。

絶大な安心感があるブックメーカーが多い

絶大な安心感があるブックメーカーが多い

すでにご説明の通り、ブックメーカーは基本的に海外のサイトが運営しています。海外のサイトと聞くと、何となく怪しいとか、危険な香りがするというように感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、日本人でも利用しやすいサイトの場合、その多くが絶大な安心感を誇ると言われています。

基本的にブックメーカーを運営するためには、賭博行為が合法化されている国からのライセンスの付与を受けなければなりません。

このライセンス審査は非常に厳しいもので、いくつかある審査項目のうち、1つでも合格できないと、ライセンスは付与されません。また、一度ライセンス審査に合格したとしても、継続的な審査があり、その度に厳しいチェックを受けることとなります。

特に、審査項目として重要なのが以下の2つです。

  • サーバーのセキュリティが確保されているか
  • 資金力が十分にあるか

この2項目については、他人からの不正なアクセスを受ける心配がないか、出金申請に即座に応じてもらえるか否かという点で、プレイヤーにとってはとても重要ですよね。

ライセンスの付与を受けているならば、この点は問題ありません。しかし、ライセンスも付与している国によって、審査の厳しさは異なります。

絶対的な安心感を求めたいという方には、マン島やマルタ共和国、ジブラルタルといった国や地域のライセンスを受けているブックメーカーをおすすめします。

このように第三者機関に認められている安心感も魅力の1つと言えるでしょう。

ブックメーカーの還元率

ブックメーカーの還元率

ギャンブルでの稼ぎやすさの指標に、還元率というものがあります。この還元率が高ければ高いほど、魅力的で稼ぎやすいと認識されます。それでは、ブックメーカーの還元率はどうなっているのでしょうか。

他の賭け事の還元率とも比較して、紹介します。

ギャンブル 還元率
ブックメーカー 94%
オンラインカジノ 95%
パチンコ 80%
パチスロ 80%
競馬 75%
宝くじ 45%

ブックメーカーの還元率は、オンラインカジノとほぼ同じです。様々なギャンブルの中でも、特筆して高い還元率を誇っているということが容易にお分かりいただけるでしょう。
一体なぜ、このように高い還元率を誇っているのでしょうか。

ブックメーカーの還元率が高い理由

ブックメーカーの還元率が高い理由

最大の理由は、ズバリ「オンラインで」賭けられるということです。

まずは、還元率という言葉の意味について一度整理しておきましょう。

還元率とは、投じた金額の何%がプレイヤーの元に戻ってくるかという期待値です。ブックメーカーの場合、94%なので、例えば10000円をベットすれば、9400円がプレイヤーの元に戻ってくることとされています。

では、残る600円(6%相当)はと言うと、運営者(胴元)の利益になります。どんな企業でも利益が出なければ運営ができません。そのため、100%から還元率を差し引いた率(控除率といいます)は、運営において非常に重要になるのです。

それでは改めて、なぜブックメーカーの還元率が高いのか。それは、人件費や店舗維持費といったような余計なコストが一切かからないためです。

通常、パチンコならば店舗を構えたり、スタッフを雇ったり、水道光熱費がかかったりと、何かと運営においてコストが発生します。しかし、ブックメーカーの場合はオンラインで運営されているので、そういったコストは必要ないのです。

そのため、還元率を高く魅力的に設定することができるというわけです。

ブックメーカーではオンラインカジノもプレイできる

ブックメーカーではオンラインカジノもプレイできる

ブックメーカーと並んで高い還元率を誇るギャンブルに、オンラインカジノがあります。

実は、ブックメーカーに登録すれば、同一のIDでオンラインカジノもプレイできるという場合も非常に多くあります。

オンラインカジノは全体で見れば、還元率は95%となっていますが、ブラックジャックなど一部のゲームでは、還元率100%を超える場合もあります。

オンラインカジノで資金を稼ぎつつ、それをブックメーカーで投資する。そんな魅力的な楽しみ方も可能なのです。

ゲーム 還元率
スロット 85~95%
ルーレット 97~98%
バカラ 99%
ブラックジャック 97~102%

まとめ

ブックメーカーは、世界中の様々なスポーツの試合や大会に賭けることができる魅力的なプラットフォームです。

賭博が禁じられている日本人でも、違法性がなく登録し、ベットすることができます。

スポーツベッティングは現在、アメリカでは一大産業に成長しているとも言われています。今後は日本でも、カジノ合法化の動きが進んでおり、スポーツベッティングは日本人にとってもなじみの深いものになっていくと想像されます。

誰もが稼げる副業をしてみたいと考えているはず。その1つの選択肢として、ブックメーカーを入れてみてはいかがでしょうか。