ブックメーカーのボーナスを比較してみた!おすすめボーナスを紹介

ボーナス充実度でブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカー各社は、プレイヤーを優遇するために、様々な形でボーナスを提供しています。

ウェルカムボーナスとは違い、その内容は様々。お小遣い程度でちょこっと嬉しいものから、「こんなにお得にもらっていいの?」と驚くものまで。

この記事では、他社と比較してボーナスの充実度が高いブックメーカーについて、色々と紹介していきたいと思います。

>>ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカー比較
日本語 安全性 運営歴
ウェルカムボーナス ボーナス充実度 ストリーミング視聴
入金方法 入出金手数料 為替手数料
出金限度額 モバイルアプリ 口コミ

ボーナスが豊富なブックメーカーを比較

とにかく豊富なボーナスを提供しているブックメーカー比較

ここからは、ボーナスの種類が充実したブックメーカーを紹介したいと思います。

10bet

10bet

ウェルカムボーナス 100ドル(MAX)
日本語サポート 24時間
運営期間 17年

10betは、とにかく毎日が様々なボーナスで充実しています。

特に、ボーナスで力を入れているのが、スポーツごとのボーナスです。

サッカーやテニス、バレーボール、野球、ラグビーなど、そのスポーツにベットすれば、何かしらのボーナスを受け取ることができるという内容になっています。

10betのボーナスは大会に試合・大会に特化している

現在開催されている試合や大会に特化したボーナスを用意されており、例えば

  • J1リーグ開催日に必ず受け取れるもの
  • ラグビーワールドカップ開催時に受け取れるもの
  • AFCチャンピオンズリーグ開催時に受け取れるもの

などなど。

つまり、今後もサッカーのヨーロッパ選手権(ユーロ)や東京オリンピックなど、ビッグな大会においては、様々なボーナスが提供されることが期待できるのです。

NetBet

NetBet

ウェルカムボーナス 1600ドル(MAX)
日本語サポート 17〜翌1時
運営期間 19年

NetBetのボーナスと言ったら、EWALLET入金ボーナスです。

一番のお得度で言えば、EWALLET入金ボーナスで間違いないのですが、NetBetで提供しているのはそれだけではありません。

様々な日替わりプロモーション、月間プロモーションが用意されています。NetBetのプロモーションページを見るだけで、疲れてくるほど、本当に様々な種類があり充実しています。

そして、ボーナスとは若干意味合いが違うのですが、NetBetのプレイヤーズクラブというサービスも見逃せません。

プレイヤーズクラブとは、NetBetでプレイすればするほど、ネットポイントが貯まっていき、そのポイントは賞金や商品に交換できるというもの。

会員ランクが上がれば、ポイントが貯まるスピードも速くなり、また豊富な種類の中から商品を選ぶことができるようにもなります。

スポーツベットアイオー

スポーツベットアイオー

ウェルカムボーナス 100mBTCドル(MAX)
日本語サポート 24時間
運営期間 3年

中でも特に熱いボーナスがあります。それは、全プレイヤーの中でアメリカンスポーツへのベットの連勝が最も長いプレイヤーが、日本円にして9~10万円を受け取れるという内容のものです。

出金条件は0倍。つまり、受け取った時点で即座に出金が可能という優れたボーナスになっています。

ちなみに、2位以下だった場合も10位までならば、受け取り可能。

アメリカンスポーツ好きという方には、見逃せない内容のものとなっています。

ベットする際には、1.5倍以上のオッズに13ドル以上の金額をベットする必要があります。仮に、あなたが1位になった時には、その時点で既に資金は大きく増えていることでしょうが、さらにボーナスで上乗せされることになり、笑顔があふれること間違いなしです!

ブックメーカーにはどんなボーナスがあるの?

【ブックメーカー比較】どんなボーナスがあるの?

ブックメーカー各社が提供しているボーナスは、以下の2つに大別されます。

ウェルカムボーナス 臨時のボーナス

ウェルカムボーナスは、新規プレイヤーを歓迎するため。通常、初めての入金時に付与されるもので、入金額の100%相当など、とても大きな金額を受け取れるのが特徴的です。

一方で、臨時のボーナスは、ブックメーカーごとにその内容が大きく異なります。その種類としては

  • 入金により受け取れるもの
  • 特定のスポーツにベットすると受け取れるもの
  • 損失額を補てんするもの
  • 賭け金額に応じて受け取れるもの

など様々。

では、実際にどんなものがあるのか、一気に比較し紹介していきましょう。

ブックメーカーのおすすめ入金ボーナス

入金の度にザクザク貯まるボーナス比較

入金するだけで、どんどん資金が増やせてしまうボーナスを2種類、紹介します。

正直、これを見逃すというのは、あまりにも勿体ないことです。紹介するのは、NetBetとウィリアムヒル・スポーツの2種類。

特に、NetBetはボーナスの充実度が凄いので、今すぐにNetBetのアカウントを作りたくなるはず!

NetBetのEWALLET入金ボーナス

NetBetのEWALLET入金ボーナス

NetBetでは、以下のオンライン決済サービスを利用して入金を行うことで、お得なボーナスを受け取ることができます。

  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント
  • アイウォレット

その内容はと言うと、入金額の5%相当の金額がボーナスとして受け取れるというもの。最大受け取れる額は200ドル。

つまり、満額受け取りたいという方は、一度に4000ドルを入金すればOKです。

このボーナス、特に優れているポイントが、以下の2点です。

  1. 何度でも受け取ることができる
  2. 出金条件はわずかに1倍

素晴らしさが伝わったでしょうか?特に熱いのは、出金条件の部分ですね。わずかに1倍。つまり、キャッシュと同等に扱うことができるというわけです。

つまり、オンライン決済サービスからの入金、出金条件の達成、オンライン決済サービスへの出金、そしてまた入金というサイクルを延々辿っているだけで、ザクザクと資金が増えていくのです。

単純に毎回4000ドル以上の入金を行うとすれば、入金回数×200ドル貯まっていくのです。1日1回入金するとすれば、毎月6000ドル貯まります。

6000ドルは、日本円にすればおよそ60万円くらいですから、1か月のサラリーを優に超えているという方も多いのではないでしょうか。

ヴィーナスポイントとの合わせ技でさらに貯まる!

ヴィーナスポイントとの合わせ技でさらに貯まる!

NetBetで利用するオンライン決済サービスをヴィーナスポイントに設定したとしましょう。

ヴィーナスポイントでは、入出金の金額に対して、0.4%の割合でポイントバックが付与され、翌月10日にヴィーナスポイントのアカウントに入金されます。(1ポイント=1ドル相当)

つまり、NetBetとヴィーナスポイントの間で4000ドルの資金を行き来させ続けたとしましょう。

すると、1回あたり4000ドル×0.4%=16ドルのポイントバックが発生。1往復で、32ドルということになります。

このポイントバックは、1か月あたり1000ポイントまで貯めることができるので、まずはこの条件を満たせるまでは、ヴィーナスポイントでの入出金を行うという方法がオススメです。

ウィリアムヒル・スポーツのエコペイズ入金ボーナス

ウィリアムヒル・スポーツのエコペイズ入金ボーナス

NetBet同様に、ボーナスの充実度が高いのが、ウィリアムヒル・スポーツです。

具体的な内容は、以下の通り。

条件 エコペイズ入金
ボーナス割合 入金額の5%
入金先 エコペイズアカウント

このボーナス、とにかく熱すぎるポイントが、ウィリアムヒルのアカウントではなく、エコペイズのアカウントに入金されるという点です。

つまり、出金条件は0倍。一切の賭けをする必要がなく、出金することができる(=実際は既に出金が済んでいる)状態という訳です。

さらに、無期限に受け取れるということもポイント

しかも、ウィリアムヒル・スポーツへの入金が完了した瞬間に、エコペイズのアカウントにも即時反映されます。

流石はブックメーカー界の大御所・ウィリアムヒル。他社と比較しても、一段も二段も上に行くようにボーナスの充実度が高いです。

出金時にもボーナスが受け取れる

出金時にもボーナスが受け取れる

ウィリアムヒル・スポーツでは、特定の条件を満たした場合、出金申請時にもボーナスが受け取れることとなっています。その条件は、以下の通りです。

  • 対象:金曜日から木曜日のベット金額
  • 条件:スポーツベットで50,000円以上、カジノで150,000円以上のベット

上記の条件を満たした場合、その出金額に応じて、ボーナスを受け取ることができます。

出金額 ボーナス額
149ユーロ以下 0ユーロ
150ユーロ以上
200ユーロ以下
5ユーロ
201ユーロ以上
400ユーロ以下
10ユーロ
401ユーロ以上 15ユーロ

最大15ユーロ、つまり1500円相当を受け取ることができるので、こちらもお得なボーナスとなっています。

エコペイズ入金ボーナスとうまく組み合わせていくことで、着実に資金を貯めていくことができるでしょう。

ブックメーカーのおすすめボーナスを紹介!

賭ければ賭けるほどザクザク貯まるボーナス比較

ブックメーカーでは、ベットが的中すれば資金が増えますし、外してしまえば、資金が減っていく。ですから、「自分は予想が当たらないから・・・」と諦めてしまう人も多くいます。

しかし、そんな方に朗報です。いくつかのブックメーカーでは、賭ければ賭けるほど、所定の割合でどんどん資金が貯まっていくという素晴らしいボーナスを用意しているのです。

つまり、ベットを的中させようが、外そうが、資金がザクザク貯まっていくという訳。

そんな素晴らしいボーナスが充実しているブックメーカーを一気に紹介しましょう。

188betのベット還元ボーナス

188betのベット還元ボーナス

188betでは、スポーツの試合にベットした金額に対して、最大7.6%という驚異の率で還元するというボーナスを提供しています。

最初は低い率でのスタートなのですが、毎月ベットをし続けることで、徐々に上昇。最大7.6%還元ともなると、同じ金額を14回ベットすれば、その投下した資金分を回収できるという訳です。

このボーナスの優れている部分は、出金条件がたったの1倍であるということ。

毎週水曜日に、前週分のボーナスが付与されるのですが、それも軍資金にして、再投資。そして翌週さらに大きなボーナスを受け取るなんていう無限ループもできてしまいますよ。

なお、188betではスポーツベットのみならず、カジノでのベットもボーナスの対象となっており、こちらでもどんどん資金を貯めることができます。

しかし、ボーナス率について言えば、スポーツベットに比べて低めに設定されているので、やはりスポーツにどんどんベットしていくのがオススメです。

Bettiltのロイヤリティポイント

Bettiltのロイヤリティポイント

Bettiltでも、ロイヤリティポイントという名前で、ベット額の1%分を還元するというボーナスを提供しています。1ロイヤリティポイント=1ドルとして換金が可能。

休日とか、1日中ベットしていると気が付けば巨額のベットをしていたなんていうことも良くあります。そのベット総額に対して、1%分の資金が戻ってくるので、とても充実した内容になっています。

しかも、出金条件はたったの1倍。キャッシュと同じように扱うことができ、ボーナス金額分を丸っとベットすれば、その時点で出金することができます。

カジノエックスのリベートボーナス

カジノエックスのリベート

カジノエックスでは、リベートという名前で、ベット額の1%分を還元するというボーナスを提供しています。

リベートが1ドル以上貯まっている場合、翌週の月曜日にアカウントにボーナスが付与されます。換金レートは、1リベート=1ドルです。

Bettiltのロイヤリティポイントと同じようなものですね。

カジノエックスの場合、出金条件は3倍に設定されているので、Bettiltと比較すると、やや厳しめの条件となっていますが、そんなに気にするほどのことでもないでしょう。

ボーナスを受け取ったら、ササッと賭けてしまい、出金できる状態にしましょう。

ボーナスを提供しないブックメーカーもある

一切のボーナスを提供しないブックメーカーもある

ブックメーカー各社は、様々な形でボーナスを充実させ、プレイヤーを歓迎したり、優遇したりしています。

しかし、一部のブックメーカーでは、一切のボーナスを提供していません。

その代表例が、ピナクルスポーツ。

ピナクルスポーツ

では、ピナクルスポーツは利用する価値がないのか、と言われると、決してそんなことはありません。ピナクルスポーツでは、ボーナスにコストをかけない分、オッズに上乗せをして、他のブックメーカーよりも比較的、有利なオッズをプレイヤーに提供しているのです。

ピナクルスポーツの還元率は、97%と業界最高級であると言われています。

つまり、単純にスポーツベットで稼ぐことだけを考えているという方は、ボーナスを提供していないピナクルスポーツのようなブックメーカーを利用した方が賢明であると言えるのです。

まとめ)ブックメーカーのボーナス比較!

ブックメーカー各社が提供している様々なボーナスについて説明しました。

このボーナス制度は、うまく利用することで、特に大きなリスクを冒さなくても、着実に資金を増やしていくことができます。

しかも、この記事で紹介したボーナスは、ほとんどが煩わしい出金条件とは無縁で、比較的緩い条件で出金することが可能なものです。

是非、お気に入りのボーナスを見つけて、コツコツと資金を貯めていってください。

>>ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカー比較
日本語 安全性 運営歴
ウェルカムボーナス ボーナス充実度 ストリーミング視聴
入金方法 入出金手数料 為替手数料
出金限度額 モバイルアプリ 口コミ