出金限度額でブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

出金限度額でブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ハイローラーの方は、やはり一度に動かす資金が大きくなるもの。それを踏まえると、出金上限が低めに設定されているブックメーカーは、使いづらさを感じますよね。

そこで、この記事では、高額出金が可能なブックメーカーを比較しながら紹介していきたいと思います。

ハイローラーでない方も、着実に勝利金を積み上げていくと、莫大な金額になっている、なんていうことがあるかもしれません。

その時に備えて、高額出金が可能なブックメーカーについて、知っておきましょう。

※なお、出金限度額はブックメーカー側の都合により、変更になることもあります。実際に現状いくらまで可能なのか、という点は、ブックメーカー各社のHPを参考にしてください。

>>ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカー比較
日本語 安全性 運営歴
ウェルカムボーナス ボーナス充実度 ストリーミング視聴
入金方法 入出金手数料 為替手数料
出金限度額 モバイルアプリ 口コミ

10bet

10bet

10betでは、以下の出金方法を利用することができます。

  • エコペイズ
  • スティックペイ
  • ヴィーナスポイント
  • ビットコイン

どのサービスを利用するかによって、出金限度額は異なります。それぞれの限度額を確認してみましょう。

方法 限度額
エコペイズ 5000ドル
ビットコイン 10000ドル
ヴィーナスポイント 50000ドル
スティックペイ 5000ドル

ズバリ、10betからの高額出金が可能なのは、ヴィーナスポイントです。50000ドルが限度額なので、日本円にして500万円強を一度の手続きで出金することができるというわけです。

例えば、10万ドルという勝利金を出金することを考えると、サービスごと、以下のように手続きを行う必要があります。

方法 回数
エコペイズ 20回
(10万ドル÷5000ドル)
ビットコイン 10回
(10万ドル÷1万ドル)
ヴィーナスポイント 2回
(10万ドル÷5万ドル)
スティックペイ 20回
(10万ドル÷5000ドル)

少ない手続きで済ませられるのは、非常に嬉しいですよね。他のオンライン決済と比較しても際立っています。

ちなみに、ヴィーナスポイントでここまで高額の出金ができるというのは非常に稀です。他のブックメーカーやオンラインカジノと比較しても、なかなかこれほど限度額が高いものはありません。

ヴィーナスポイントでの高額出金を考えている方には、10betが大変おすすめです。

MARATHONBET

MARATHONBET

MARATHONBETでは、以下の出金方法を利用することができます。

  • エコペイズ
  • 銀行送金
  • ビットコイン

それぞれの出金方法における限度額は、以下のように設定されています。

方法 限度額
エコペイズ 無制限
銀行送金 記載なし
ビットコイン 無制限

高額出金ならば、他社と比較しても圧倒的にMARATHONBETが有利。エコペイズ及びビットコインなら、限度額もなく、好きなだけ出金することができるようです。

しかも、スピードは超高速というおまけつき。調べてみると、エコペイズへの出金が、申請から数秒後に完了していたという方も見かけました。

たったの数秒で処理が完了するとは、恐れ多いですよね。

とにかくハイローラーには絶対にオススメのMARATHONBETですが、残念な点が2つあります。それは、

  • 日本語に対応していない
  • オンラインカジノはプレイできない

ということです。日本語対応していないという点は、日本人にとってはなかなか大きな壁となることでしょう。

また、多くのブックメーカーでは、同一アカウントでオンラインカジノもプレイできるのが一般的です。MARATHONBETでは、スポーツベットしか利用できないので、もしかしたら物足りなさを感じる人がいるかもしれません。

ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツでは、以下の出金方法を選択することができます。

  • エコペイズ
  • ビットコイン

それぞれの限度額は、以下のように定められています。

方法 限度額
エコペイズ 無制限
ビットコイン 50000ドル

何と言っても際立つのは、エコペイズ。上限額はなし、無制限のため、好きな時に好きな金額だけ出金させることができるのです。

上限がないというのは、圧倒的な金額を稼ぐハイローラーにとっては、非常にありがたいですよね。

また、ビットコインの場合も限度額は50000ドル相当ということで、他社と比較するとかなり高めに設定されています。

最近はビットコインユーザーも増えているため、ビットコインでブックメーカーに入出金するという方も多くいるでしょう。一度に動かせる金額としては、十分すぎるとも言えますので、こちらも合わせてオススメです。

ピナクルスポーツの出金注意点

ピナクルスポーツの出金注意点

ピナクルスポーツでは、同じ月に2回以上出金すると、手数料が発生します。その金額は12ドルということで、ちょっと手痛いと感じる方もいるかもしれません。

ピナクルスポーツから出金するのは、毎月1回だけに抑えておくことがオススメです。

もちろん、何万ドルという中での12ドルは、はした金にすぎないと感じる人もいるかもしれませんが、やはりせっかくの勝利金を相殺してしまうのは勿体ないですからね。

NetBet

NetBet

NetBetでは、以下の出金方法を選択することができます。

  • アイウォレット
  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント

そして、それぞれの限度額は、以下のように設定されています。

方法 限度額
アイウォレット 無制限
エコペイズ 10000ドル
ヴィーナスポイント 無制限

最大の注目ポイントは、アイウォレット及びヴィーナスポイントですね。どちらも出金限度額が無制限という、ハイローラーには見逃せない内容となっています。

他社と比較しても業界の中で、アイウォレット及びヴィーナスポイントの出金限度額が無制限なのは、NetBetだけです。

そのため、ハイローラーやVIPプレイヤーからNetBetは一目置かれている存在となっています。

ちなみに、NetBetについては、他のブックメーカーとは異なる嬉しいポイントがもう1つあります。

それは、入金と出金の方法が異なっていても、問題なく出金できるという点。

通常ブックメーカーでは、クレジットカード入金を除き、両方を同じにしなければ、出金することはできません。具体的には、以下の通りです。

入金 出金 可否
エコペイズ ヴィーナスポイント
ヴィーナスポイント エコペイズ
ヴィーナスポイント ヴィーナスポイント
クレジットカード エコペイズ

しかし、NetBetの場合は、以下のようになります。

入金 出金 可否
エコペイズ ヴィーナスポイント
ヴィーナスポイント エコペイズ
ヴィーナスポイント ヴィーナスポイント
クレジットカード エコペイズ

仮に、入金と出金の方法が異なっていたとしても問題はないのです。

よって、エコペイズで入金した資金が、どんどん膨れ上がって何万ドルという勝利金を得たとしましょう。

その際、エコペイズで何度も何度も手続きをする必要はなく、ヴィーナスポイントやアイウォレットに出金してしまえば問題ないのです。

NetBetの入金ボーナスも見逃せない

NetBetの入金ボーナスも見逃せない

NetBetでは、アイウォレット、エコペイズ及びヴィーナスポイントのいずれかの方法で入金した場合、その金額の5%相当のボーナスを最大200ドルまで受け取ることができます。

つまり、NetBetから出金申請をかけ、口座に着金したらすぐにまたNetBetに入金、というのを繰り返していくだけで、どんどんボーナスを増やしていくことが可能なのです。

ちなみに、このボーナスは出金条件がわずかに1倍。キャッシュと同等に扱うことができますので、見逃すにはあまりにも勿体ないです。

カジノエックス

カジノエックス

カジノエックスでは、以下の出金方法を選択することができます。

  • アイウォレット
  • エコペイズ
  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • ライトコイン

そして、それぞれのサービスにおける出金限度額は、以下のように設定されています。

出金方法 限度額
アイウォレット 5000ドル
エコペイズ 2000ドル
ビットコイン 20000ドル
リップル 20000ドル
イーサリアム 20000ドル
ライトコイン 20000ドル

エコペイズやアイウォレットについては、若干物足りなさを感じますね。ハイローラーの方には、向いていないかもしれません。

しかし、仮想通貨4種については、いずれも20000ドルが上限となっているため、比較的高額出金が可能。ハイローラーやVIPプレイヤーにとって嬉しい内容となっています。

利用できる仮想通貨の種類も、他社と比較すると豊富ですので、様々な種類の仮想通貨を保有している方には、カジノエックスがオススメです。

ちなみに、カジノエックスでは1カ月間の出金限度額が10万ドルに制限されています。つまり、最大で1000万円相当まで。

1カ月間で10万ドルもの出金をできるという方は、それほど多くないかもしれませんが、中には存在していることでしょう。特に億単位での出金をしたいと考えている方には、カジノエックスは全くオススメができません。

1億円相当(=100万ドル)を出金するとしても、10カ月は最低でもかかってしまいますからね。

チェリースポーツ

チェリースポーツ

チェリースポーツでは、以下の出金方法を利用することができます。

  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント
  • アイウォレット

そして、それぞれの出金限度額は、以下のように設定されています。

方法 限度額
エコペイズ 1000ドル
ヴィーナスポイント 10000ドル
アイウォレット 2000ドル

他のブックメーカーと比較して、非常に低い金額に設定されている、と感じた方も多いでしょう。たしかにその通りです。

しかし、それならばこの記事で紹介するはずがありません。チェリースポーツには、この出金限度額の低さを補う素晴らしいオプションがあるのです。

それは、実は出金限度額が無制限であるということ。「一体どういうこと?」と感じる方も多いでしょう。詳しく解説していきます。

チェリースポーツの出金は実質無制限

チェリースポーツの出金は実質無制限

チェリースポーツでは、出金申請を何度でも行うことができるという特徴があります。

つまり、申請中に、追加でさらに申請をかけられるということ。それも何度でも。

システムの都合上、上限金額を上げることが難しいようなのですが、その代わりにこういったオプションを提供しているのです。

他のブックメーカーならば、一度の申請が完了しない限り、次の申請を行うことができません。そのため、どうしても「待つ」という時間が生じてしまうことになります。

この待ち時間が結構面倒なんですよね。

さらに、チェリースポーツでは、月間の限度額も制限されていません。つまり、本当にいくらでも出金可能であるということ。

何度も何度も申請をしなければならない、という点だけは難点と言えますが、それを補って余りあるだけの嬉しいオプションもあるのです。

188bet

188bet

188betでは、以下の出金方法を選択することができます。

  • 銀行送金
  • エコペイズ
  • アストロペイ

それぞれ、限度額は以下のように設定されています。

方法 限度額
銀行送金 10万円
エコペイズ 600万円
アストロペイ 500万円

188betは、直接銀行口座に出金が可能な数少ないブックメーカーなのですが、限度額は10万円ということでかなり低めに設定されています。

便利な反面、ハイローラーどころか一般的なプレイヤーにとっても物足りないと言わざるを得ません。

しかし、エコペイズ及びアストロペイの場合は、かなりの高額出金が可能。特に、エコペイズの600万円という金額は、他社と比較するとトップクラスの金額となっています。

ブックメーカーのプレイヤーの多くは、エコペイズに登録しているでしょう。大きな金額を動かしたいと考えている方にとって、188betは選択肢の1つとして考慮すべきと言えます。

188betでは本人確認書類の提出が不要?

188betでは本人確認書類の提出が不要?

一般的に、初めての出金申請を行う場合、ブックメーカーの担当部署に本人確認書類を提出する必要があります。

この審査は結構な時間がかかる場合があり、待つしか選択肢がないプレイヤーは、なかなかイライラさせられるものです。

しかし、188betでは、本人確認書類の提出を求めない場合もあるそうです。

ただ、提出が必要な場合もあり、その際はサポート部門からの連絡があります。

まとめ

この記事では、ブックメーカーの中でもかなり高額な出金に対応しているブックメーカーを比較しつつ紹介しました。

一度に何百万、何千万という勝利金を得るであろうハイローラーにとって、出金上限の低さは非常に大切なポイントですよね。

中には出金限度額が無制限と言う素晴らしい出金方法を提供しているブックメーカーもあります。是非、自分にとって最適な方法で出金できるようにしてください。

>>ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカー比較
日本語 安全性 運営歴
ウェルカムボーナス ボーナス充実度 ストリーミング視聴
入金方法 入出金手数料 為替手数料
出金限度額 モバイルアプリ 口コミ