日本人向けのブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

日本人向けのブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

日本人が利用しやすいブックメーカーには、どのような特徴があり、どんな種類があるのでしょうか。

この記事では、おすすめの日本人向けのブックメーカーと、選び方を詳しく紹介していきたいと思います。

>>ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカー比較
日本語 安全性 運営歴
ウェルカムボーナス ボーナス充実度 ストリーミング視聴
入金方法 入出金手数料 為替手数料
出金限度額 モバイルアプリ 口コミ

日本人向けのブックメーカーを選ぶ比較ポイント

日本人向けのブックメーカーを選ぶ比較ポイント

ブックメーカーは、海外企業が運営しているため、「日本人向けなのか?」という点が気になります。

ブックメーカーで遊びたくても、英語でしか表記ない、困った時の問い合わせが英語で対応するサイトであれば、不安ですよね。

そのため、日本人向けのブックメーカーを探すなら以下のポイントに着目します。

  • 日本語対応しているか
  • 日本語サポートは充実しているか
  • ライセンスは取得しているか
  • 運営歴は長いか
  • ベット対象スポーツは何か
  • 出金はしやすいか

日本語に対応しているかだけでなく、ベット対象に日本のスポーツがあるかなども大切になっていきます。

では、上記のポイントを比較した上で、どのブックメーカーがいいのでしょうか?

【比較ポイント①】日本語対応しているか

【比較ポイント①】日本語対応

日本人が最も利用しやすいと感じる、日本人向けのブックメーカーの特徴は、日本語に対応しているということで間違いないでしょう。

言語の壁は非常に大きく、英語など、よく言葉が理解できない場合には、サイトを利用していても大きな不安を覚えるはず。

しかし、サイトが日本語ならば安心ですよね。
最近では、そのようなブックメーカーも非常に多くなっています。

たとえば、以下のようなブックメーカーです。

日本語対応ブックメーカー
10bet 188bet
ウィリアムヒル・スポーツ NetBet
ピナクルスポーツ カジノエックス
チェリースポーツ bwin
MARATHONBET SPIN

紹介したのはあくまでも一例です。ほかにも、多くの業者が、日本語に対応しており、日本人向けに利用しやすくなっています。

【比較ポイント②】日本語サポートが充実しているか

【比較ポイント②】日本語サポート

サイトの日本語表記のみならず、日本語サポートが充実しているか否かも日本人向けか判断する際に注目です。

日本語サポートが充実しているかを測る基準となるのは、以下の2つです。

  • サポートの種類
  • サポート時間

初心者の場合は特に、入出金やベット、ボーナス消化等において分からないことに直面することが多いでしょう。

そんな時、各ブックメーカーが用意しているサポートの種類が多ければ、すぐに問合せすることができます。
サポートの種類としては、以下のようなものがあります。

  • 電話
  • メール
  • ライブチャット

また、困った時にいつでも質問ができるよう、「サポートの時間」が長いブックメーカーの方が安心です。

【比較ポイント③】ライセンスを取得しているか

【比較ポイント③】ライセンス

ブックメーカーは、運営をするにあたって、政府公認のライセンスの付与を受けなければならないため、その安全性は保証されていることは確かです。

ただ、その信頼度は発行元の政府によって違うため、より信頼度の高いライセンスを所有している業者を選ぶ必要があります。

特に信頼度が高いと言われているのが、以下の3国が発行しているライセンスです。

  • マン島
  • マルタ共和国
  • ジブラルタル

それぞれ、どのようなブックメーカーがあるのか紹介します。

マン島のライセンスを取得しているブックメーカー

マン島のライセンスを取得しているブックメーカー

マン島のライセンス審査に合格しているブックメーカーは

  • SBOBET
  • 188bet(カナダのカナワケとのダブルライセンス)

などがあります。

マルタ共和国のライセンスを取得しているブックメーカー

マルタ共和国のライセンスを取得しているブックメーカー

マルタ共和国のライセンス審査に合格しているブックメーカーは

  • ピナクルスポーツ(キュラソー島とのダブルライセンス)
  • NetBet

などがあります。

ジブラルタルのライセンスを取得しているブックメーカー

ジブラルタルのライセンスを取得しているブックメーカー

ジブラルタルのライセンス審査に合格しているブックメーカーは

  • Bet365
  • ウィリアムヒル・スポーツ
  • Bwin
  • 888スポーツ

※Bet365、Bwin、888スポーツは日本語非対応
などがあります。

【比較ポイント④】運営歴は長いか

【比較ポイント④】運営歴

日本人はやはり、安全志向が強い国民なので、できるだけ安全にプレイしたいと思うことでしょう。

安全性を示す基準として、10年以上の運営歴の有無が挙げられます。

10年以上継続して運営しているなら、それだけ安定して運営して来られたというお墨付きを得られるのです。

それでは、比較的長い運営歴を誇る日本人向けのブックメーカーを紹介していきます。

ブックメーカー 運営歴
ウィリアムヒル・スポーツ 86年
Bwin 23年
MARATHONBET 22年
ピナクルスポーツ 22年
NetBet 19年
10bet 17年
188bet 14年

もちろん、運営歴が10年に満たない場合であっても、非常に優秀な業者はいくつもあります。
新興勢力だからこその特色あるプロモーションを展開していて、面白さも感じます。

しかし、安全性を追求するという観点から言えば、やはり十分な運営実績は見逃せません。

紹介したこれら7社ならば、途中で突然事業を畳まなければならないというような可能性は非常に低く、日本人向けと言うことができます。

【比較ポイント⑤】ベット対象スポーツ

【比較ポイント⑤】ベット対象スポーツ

基本的に、多くのブックメーカーでは、サッカーや野球、バスケットボールなどを始めとして、30を超えるような競技に賭けることが可能となっています。

例えばサッカーではJリーグ(J1からJ3まで)、野球ならばセパ両リーグといったように、日本人がよく知っているリーグもベット対象。

業者によって扱っている競技に大きな差があるというわけではありません。

ブックメーカで大相撲もベット対象になる

しかし、大相撲について言えば、いくつかの業者でしかベットすることができません。

現状、大相撲をベットできるのは

  • MARATHONBET
  • 888スポーツ
  • ウィリアムヒル・スポーツ

の3業者のみです。長らくMARATHONBETでしかベットできなかったのですが、徐々に取り扱う業者が増えてきています。

大相撲は、どちらが勝つかという非常にシンプルなベット方法であるため、難しいことを考える必要がありません。

そのため、知識や理解がまだまだ浅く、初心者が多い日本人にとっては、大相撲に賭けられることは日本人向けという意味では1つの大きな特徴と言えるでしょう。

しかも、大相撲は日本人にとって馴染み深いですからね。力士同士の力関係を熟知している場合には、予想も立てやすいはずです。

【比較ポイント⑥】出金のしやすさ

【比較ポイント⑥】出金のしやすさ

ブックメーカー選びにおいて、意外と重要になるのが出金のしやすさ。

一般的には、エコペイズなどのオンライン決済サービスを経由して出金の手続きを行っています。

オンライン決済サービスには、エコペイズやアイウォレット、ヴィーナスポイントなどがあるのですが、個人的にはヴィーナスポイントが利用できる業者が最もオススメです。

というのは、以下のような特徴があるためです。

特徴
  • 日本の銀行口座への出金スピードが超速い
  • サイトが全て日本語に対応している
  • 手数料が激安(上手に利用すれば、完全無料)
  • 登録はほんの5分で完了する

数あるオンライン決済サービスの中でも、最も使いやすいのではないか、と感じています。

また、銀行口座への出金は、本当に驚くほど速いです。95%くらいの確率で、当日中には指定の口座に着金しています。

利用できるのは、以下です。

  • 10bet
  • NetBet
  • 888スポーツ

ほとんどすべてのブックメーカーで利用ができるエコペイズと比較すると、そのラインナップには物足りなさも感じます。しかし、非常に優秀なサービスのため、今後はその利用可能範囲を広げてきてくれるはずです。

日本人におすすめのブックメーカー比較

日本人におすすめのブックメーカー比較

それでは、様々な条件を踏まえた上で、日本人向けのオススメできるブックメーカーには、どのようなものがあるのか。

特にオススメしたい4つを紹介します。

ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツ

完全日本語対応を果たしている日本人向けのブックメーカーです。

マルタ共和国のライセンスの取得も受けているため、安全性・信頼性が抜群と言えます。

そして、最も際立った特徴は、何よりも還元率の高さです。還元率は、およそ97%と言われています。

この数値は、業界全体の平均である95%を上回っています。

プレイヤーに最大級の還元をすることをコンセプトに、

  • プロモーションボーナス
  • 広告費

といったような経費の徹底削減を行っています。

そして、他社よりも有利なオッズをプレイヤーに提供しているのです。とにかく「少しでも多く稼ぎたい」と考えているようなプレイヤーは、必見です。

10bet

10bet

10betも完全に日本語で利用できる日本人向けのブックメーカーです。

ヴィーナスポイントが利用できる数少ないブックメーカーとして、貴重な存在にもなっています。

10betでは、日本人がよくベットするであろう、日本代表の試合や日本人選手が出場する試合のオッズを「スーパーオッズ」に指定し、通常よりも高いオッズでベットを楽しむことができる場合が多々あります。

日本人はやはり、よく選手を知っている試合についてのベットを行いたいですよね。そのため、必然的に日本人が出場する試合にベットすることになるでしょう。

10betならば日本人選手が出場する試合を、他社よりも有利なオッズでベットできることが多いため、日本人向けです。

ウィリアムヒル・スポーツ

ウィリアムヒル・スポーツ

この業者の魅力は、何と言っても他社を寄せ付けない圧倒的な運営歴の長さ。

20世紀前半から存続し続けている業者は、数えるほどしかなく、まさに業界の大御所と呼ぶべき存在でしょう。

サイトは日本語で表記されているため、日本人であっても、問題なく利用することができます。

とにかく絶大な安心感を求めたいという方は、実績十分のウィリアムヒル・スポーツ一択ですね。

NetBet

NetBet

NetBetは、完全日本語対応、なおかつ世界でトップクラスに取得が難しいマルタ共和国のライセンスを取得しているため、日本人向けで安心して利用することができます。

最大1600ドルを受け取ることができるウェルカムボーナスは、業界でも上位層であり、スタートから非常にお得に楽しむことができます。

また、決済手段としてヴィーナスポイントが利用できること、さらにそれを含むオンライン決済サービスから入金した場合には、最大200ドルのボーナスを受け取れるという、他社にはない充実したボーナスも魅力です。

予想を的中させる以外の方法でも、稼いでいきたいと考えている方にとっては、NetBetも有力な選択肢になってくることでしょう。

まとめ

最近では多くのブックメーカーが日本人向けに日本語で利用でき、日本人の登録者数も右肩上がりで増えてきています。

基本的に、これらの業者は、日本人向けの優良業者で、安全性は高いと見て問題ありません。

しかし、もしかしたら、中には悪徳業者が存在する可能性もあります。そんな時は、どの国のライセンスを取得しているか、運営歴はどのくらいあるか、といった観点に注目してみると、業者の善し悪しを見分けることができるでしょう。

是非、お気に入りのブックメーカーを見つけて、ベットを楽しんでください。

>>ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカー比較
日本語 安全性 運営歴
ウェルカムボーナス ボーナス充実度 ストリーミング視聴
入金方法 入出金手数料 為替手数料
出金限度額 モバイルアプリ 口コミ