iWallet(アイウォレット)入金対応のブックメーカー7サイト!おすすめを紹介

ブックメーカーの入金手段として、iWallet(アイウォレット)は多くのブックメーカーで利用することができます。また、出金手段としても利用することができるので、iWalletはブックメーカーを始めるならば、是非とも登録しておきたい電子決済サービスです。

この記事では、iWalletでの入金に対応している7つのブックメーカーを紹介します。ブックメーカーごとに、それぞれ特徴は異なりますので、どのブックメーカーに登録しようか迷っている方は、是非参考にされてください。

>>ブックメーカーの決済手段(入金・出金)!

iWallet(アイウォレット)はブックメーカーで遊ぶために必須!

ブックメーカーでスポーツの試合に賭け、お金を増やしていくためには、入金手段が必要です。その代表例がクレジットカード。煩雑な登録作業等を必要とせず、すぐに入金ができるので、クレジットカードさえあれば大丈夫、と考えている方も多いのではないでしょうか。

その認識は半分正解ですが、半分は不正解です。たしかに、実際に賭けを行うところまではクレジットカードさえあれば十分。しかし、クレジットカードには大きな欠点があります。それは、

クレジットカードに出金ができない

ということです。仮に勝利金を得たとしても、そのお金の出金先として、クレジットカードは指定できないということです。つまり、クレジットカードしか持っていないようだと、せっかく稼いだ利益を出金できなくなってしまうのです。これは、どんなブックメーカーにおいても共通です。クレジットカードに出金できるブックメーカーは存在しません。

それではどうすればいいのか、というと、出金先として指定できる電子決済サービスに登録することが必要となります。特に、多くのブックメーカーで利用できるのが、この記事で紹介するiWalletです。ブックメーカーから銀行口座に直接出金できるのは稀で(188betしか対応していません)、基本はiWalletなどの電子決済サービスを経由する必要があります。具体的な資金の流れを示すと、

ブックメーカー → 電子決済サービス(iWalletなど) → 銀行口座

となります。つまり、電子決済サービスに登録しておかないと、いくら賭けを的中させて資金を増やしたとしても、あまり意味がなくなってしまうのです。ということで、ブックメーカーで遊び、稼いでいくためには、iWalletなどの電子決済サービスに登録することも必須になってくるのです。

iWallet(アイウォレット)で入金できるブックメーカー①カジノエックス

カジノエックス
手数料 無料
可能額 500円~100万円
反映時間 即時

カジノエックスは、業界でもトップクラスに入金決済手段が豊富です。VISAやMastercardだけではなく、JCB、さらにはブックメーカーではほとんど利用できないAmerican Expressにまで対応。入金手段に困ることがほとんどないため、最近はカジノエックスに登録する人もほとんどいます。

そして、iWalletもカジノエックスの入金手段として利用できます。最低入金額は500円から、最大入金額は100万円と、小さく賭けたい人も大きく稼ぎたい人も、幅広く楽しむことができます。

カジノエックスは、業界最大級のビッグなプロモーションボーナスが大きな魅力。初回入金時に20万円以上の入金をすれば、最大で20万円相当のボーナス、そして2回目から5回目までの入金時にも合計で20万円に迫るボーナスを提供しています。初回から5回目までの入金で得られるボーナス合計額は、およそ40万円相当。ぜひ、iWalletでカジノエックスに入金して、特大ボーナスを手に入れましょう。

iWallet(アイウォレット)で入金できるブックメーカー②ジョイカジノ

ジョイカジノ
手数料 無料
可能額 500円~100万円
反映時間 即時

ジョイカジノは、カジノエックスの姉妹ブックメーカーとして知られています。特徴も似通っており、最大の魅力はカジノエックスと同じボリュームのプロモーションボーナスです。入出金方法の豊富さもカジノエックスと遜色ありません。iWalletももちろん利用でき、入金可能額はカジノエックスと同じ500円~100万円となっています。

ブックメーカーは複数登録しても何の問題もありませんから、カジノエックスと共に登録をすれば、それだけで最大80万円相当のボーナスを受け取れるというビッグなチャンスも手にすることに。80万円なんて、本業のボーナスでもそう簡単に受け取れる金額ではないですから、是非とも2つのブックメーカーとも登録しておきたいところ。

また、複数のブックメーカーに登録しておけば、両建て(アービトラージ)が可能な試合を見つけるチャンスも広がることになります。

iWallet(アイウォレット)で入金できるブックメーカー③10bet

日本人が最も利用しやすいブックメーカーとして人気の10betも、iWalletを入金手段として利用することができます。元々10betはiWallet非対応だったのですが、2019年11月についに対応することとなりました。1000円という小額から入金が可能となっていますので、小さく賭けていきたいというプレイヤーにとっても嬉しいですね。iWalletからの入金ならば、諸々の煩わしい手数料負担も一切ありません。

10betはとにかく様々なボーナスが豊富。プロモーションボーナスはもちろんのこと、常時何かしらのボーナスが提供されているので、かなりローリスクで様々な賭けを楽しむことができます。

10betではオンラインカジノもプレイできますので、スポーツへの賭けに飽きたらカジノで稼ぐということも可能。もちろん、取り扱っているスポーツの試合も豊富ですので、飽きるという心配はないと思いますが、とにかく24時間365日いつでも稼ぐチャンスが転がっていることでしょう。

iWallet(アイウォレット)で入金できるブックメーカー④NetBet

NetBet
手数料 無料
可能額 10ドル~1万ドル
反映時間 即時

iWalletから入金する場合、絶対に注目しておきたいのがNetBetのiWallet入金ボーナスです。その内容はというと、

  • 入金額の5%をボーナスとして付与
  • 最大金額は200ドル
  • 出金条件は1倍
  • 何回でも受け取り可能

というもの。つまり、iWalletからNetBetに入金するだけで、どんどんボーナスとして資金を貯められるという訳です。しかも、出金条件はたったの1倍。ボーナスでありながら、キャッシュと同等に扱うことができるのです。1回当たり200ドルが最大ですので、満額受け取りたい場合には、4000ドル以上の入金が必要となります。さらに嬉しいのが、何回でも受け取り可能という点。iWalletからNetBetに入金し、出金条件をクリアしたらすぐにiWalletに出金。そして、その出金した金額を再びiWalletからNetBetに入金というのを繰り返していくだけで、どんどん資金を増やしていくことができるのです。

これほどお得なボーナスは、他のブックメーカーには例を見ません。なお、エコペイズとヴィーナスポイントからの入金についても、同様のボーナスを受け取ることができます。

iWallet(アイウォレット)で入金できるブックメーカー⑤Bettilt

Bettilt
手数料 無料
可能額 10ドル~5000ドル
反映時間 即時

BettiltにiWalletから入金できる金額は、最小で1000円、最大で50万円相当となっています。1000円という小額入金から可能なため、初心者プレイヤーにとっても嬉しい内容となっていますね。一方、1回当たりのiWalletからの入金可能額は50万円ということで、ハイローラーにとってはやや物足りなさを感じる部分かもしれません。

しかし、iWalletからBettiltに入金した場合は、入金手数料及び為替手数料は発生しません。そのため、何度入金しても軍資金がすり減る心配もなく、実質無制限に入金できることになります。また、初回入金時に最大500ドルまで受け取ることができるスポーツウェルカムボーナスも魅力です。

Bettiltでは、賭けの対象となっている試合をストリーミング視聴することができます。リアルタイムで試合を見ながらベットができるので、ライブベットの的中率を高められたり、適切なタイミングでキャッシュアウトができたりと、様々なメリットを享受できるでしょう。

iWallet(アイウォレット)で入金できるブックメーカー⑥Happistar

Happistar
手数料 入金額の2%
可能額 10ドル~5万ドル
反映時間 即時

iWalletからHappistarには、かなり大きな金額を入金することができます。その金額はズバリ、最大で5万ドル(およそ500万円)。最小金額は10ドル(およそ1000円)ということで、素人から玄人まで幅広く楽しめるブックメーカーです。ちなみに、iWalletからの入金の概要やiWalletの登録手続きについては、Happistarのホームページで詳しく確認することもできます。

Happistarはとにかく様々なプロモーションボーナスが充実しているのが大きな魅力です。初回登録や入金時のウェルカムボーナスはもちろんのこと、事あるごとに様々なボーナスを受け取れ、スポーツへの賭けをどのブックメーカーよりもお得に楽しむことができます。やはり、ローリスクで賭けられるということはとてもありがたいですからね。

様々なボーナスを受け取るためにも、まずはHappistarデビューをすることが大切です。その第一歩として、iWalletでHappistarに入金してみましょう。

iWallet(アイウォレット)で入金できるブックメーカー⑦チェリースポーツ

チェリースポーツ
手数料 無料
可能額 10ドル~1000ドル
反映時間 即時

上場企業の運営&マルタ共和国のライセンス取得ということで、これ以上ないともいえるほどの安全性が担保されているチェリースポーツでは、入金手段にiWalletを利用することができます。チェリースポーツにiWalletから入金する場合、その入金可能額は1000円~10万円程度。あまり高額の入金ができないというところはややネックでしょうか。

しかし、チェリースポーツは初回と2回目の入金に際しては、それぞれ最大500ドルずつ、合計で1000ドルを受け取ることができるボーナスを提供しています。さらに、損失キャッシュバックキャンペーンや、「5」の付く日限定のキャンペーンなど、様々なイベントを展開。安心かつとてもお得に様々な賭けを楽しむことができるのです。

ちなみに、ボーナスの有効期間は14日間とやや短め。チェリースポーツで充実しているライブベットでサクサク賭けて一気に出金条件を満たしていきましょう。

iWallet(アイウォレット)のメリット

iwallet(アイウォレット)でブックメーカーに入金するメリット

最後に、アイウォレットからブックメーカーに入金することのメリットとデメリットについて紹介します。まずはメリットから。

日本語対応

iWalletの運営元は海外(イギリスと香港)にあります。しかし、サイト自体は日本語に対応しているので、日本人にとっても利用しやすいサイトとなっているのが特徴です。

また、iWalletの利用に際して、何か分からないことやトラブルがあった際にも、日本語で問い合わせることができるので安心です。

信頼感が抜群

iWalletは最先端のファイアウォールシステムを採用しており、第三者による不正なアクセスや個人情報の盗難といったリスクに最大限備えています。電子決済サービスは、オンライン上で自分の資金を管理するものなので、慣れない方には少々不安も大きいところでしょうが、セキュリティ性抜群のiWalletならば、そのような心配は不要です。

また、香港政府からのライセンス発行も受けており、公的なお墨付きもあります。

3分で簡単登録

電子決済サービスに登録するとなると、何となく面倒くさそうな気がしますよね。しかも、iWalletは海外発のサービスだから、さらに厄介という印象も。

しかし、何とものの3分程度あれば、簡単に口座を開設することができてしまいます。本人確認書類の提出なども、登録時には不要です。もちろん、費用も一切かかりません。ちょっとしたひと手間かける時間があれば、ブックメーカーから出金するための準備も整えられることになります。

多様な通貨に対応

iWalletの会員ランクをアップグレードすると、日本円やアメリカドル、ユーロなどを始めとして、世界中の様々な通貨単位を利用することができます。

ブックメーカーと決済サービスの通貨単位を合わせることは、ブックメーカーで勝利する上で大変重要。というのも、通貨単位に違いがあると、決済の度に為替手数料が発生し、せっかくの軍資金や勝利金を無駄に減らしてしまうことになるためです。

しかし、多様な通貨単位で資金を管理できるiWalletならば、そのような心配もありません。

ブックメーカーへの入金は手数料無料・即時

iWalletからブックメーカーに入金する際には、基本的に入金手数料は無料、そして入金結果は即時ブックメーカーのアカウントに反映されます。本当に、驚くほど一瞬で処理が完了するので、「入金反映はまだかなぁ」なんていう風に待ちぼうけをしなければならない時間など、一切ありません。

iWallet(アイウォレット)のデメリット

続いてiWalletのデメリットについて説明します。

スタンダード会員は利用可能額が低い

iWalletは3分で会員登録が済ませられると説明しました。しかし、その後アップグレードしないでスタンダード会員のままでいると、1000ドル(10万円相当)までしかアカウントで管理できません。

もっと大きな金額をiWalletからブックメーカーに入金したいという方もいるでしょう。そういった方は、早めにエグゼクティブ会員にアップグレードさせましょう。アップグレードが完了すれば、上限なしで無制限に資金を管理できるようになります。

アップグレード手続きが面倒

口座開設自体は簡単ですが、エグゼクティブ会員へのアップグレードは若干面倒です。本人確認書類や住所確認書類を、所定の条件に合わせて撮影し、アップロードする必要があります。そして、審査の結果を待たなければなりません。万が一、不備があった場合には再提出を求められることもあります。

休眠口座には管理費がかかる

iWalletの口座開設及び口座維持には一切手数料がかかりません。しかし、例えばエグゼクティブ会員へのアップグレードがうまく行かず「もういいや」とiWalletの口座を放置してしまうと、ゆくゆくは休眠口座管理手数料という費用が発生します。しかも、最後の取引から180日間何も取引がない場合に発生してしまいますので、iWalletをきちんと利用できるという自信がないと、ちょっとした痛手になりますね。

なお、口座を閉鎖する際にも5ドルの手数料が発生します。

まとめ

ブックメーカーで長く遊んでいくためには、クレジットカードだけでは不十分です。出金も含めた資金管理を考えるのであれば、電子決済サービスにも登録する必要があります。

数ある電子決済サービスのうち、iWalletは多くのブックメーカーで利用することができます。iWalletに資金があれば、選べるブックメーカーの選択肢は多様になりますし、両建て(アービトラージ)のための資金融通も可能になります。

いくつかのデメリットもありますので、口座開設には慎重を期す必要がありますが、ブックメーカーで稼ぐためには是非ともiWalletに登録しておきたいところです。

>>ブックメーカーの決済手段(入金・出金)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です