ブックメーカーの始め方!登録から入金・出金までの流れ

ブックメーカーの始め方・手順・注意点を解説

ブックメーカーの始め方!登録から入金・出金までの流れ

スマホ1台で世界中のスポーツの試合にベットできるブックメーカー。しかし、当然ですが、スマホ1台だけあれば始められるという話ではありません。

実際にスポーツベッティングを始めるためには、他にも準備しておきたいものが色々とあります。

この記事では、ブックメーカーの始め方ややり方、登録の手順や注意点について詳しく説明します。

これから始めてみようと考えている方は、是非参考にしてください。

>>ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカーの始め方

ブックメーカーの始め方

ブックメーカーを始めるためには、まずアカウントの登録をしなければなりません。

この登録作業については、特段難しいことはありません。いくつかの情報を入力すれば、ものの5分程度で登録させられます。

ちなみに、英語で登録しなければならない場合が多いということには留意が必要です。特に住所の登録については、日本語の場合と順番が大きく異なりますので、しっかりとポイントを把握しておきましょう。

ブックメーカーとは!?始める前にリスクと違法性を理解しよう

そもそもブックメーカーを知らない人はこちら→ブックメーカーとは!?ブックメーカーの魅力と還元率

始める前にリスクと違法性を理解しておく必要があります。

インターネット上では還元率が高くて稼ぎやすいなどと言われていますがギャンブルですので、当然リスクがあります。

まず、初心者さんはフリーベットや無料ボーナスが貰えるブックメーカーでリスクゼロで試しに始めてみましょう。

>>フリーベットや無料ボーナスが貰える仕組みとおすすめブックメーカー

ブックメーカーの登録方法

始めるためのアカウント登録方法や手順についてはこちらで詳しく解説しています。

*登録時に本人確認書類の提出は求められませんが、勝利金を出金する時には必ず本人確認書類を提出する必要があります。

ブックメーカーのやり方|手順を詳しく説明

ブックメーカーのやり方|手順を詳しく説明

あなたが無事、登録できたとしましょう。登録後は、以下のような流れで、始めることとなります。

登録後、実際に始めるための流れ
  1. 入金
  2. ベット
  3. 出金

とても大雑把ではありますが、この流れが基本です。始めるために、まずは入金して軍資金を確保した上で、その軍資金を元手に実際にベット、得た勝利金を出金します。

それでは、それぞれのシーンにおいて始めるための準備物や注意点について、説明していきましょう。

手順1)ブックメーカーの入金方法

ブックメーカーの入金方法や決済手段

多くのブックメーカーでは、以下のような入金手段を採用しています。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 銀行振込
  • オンライン決済サービス(エコペイズ・ヴィーナスポイント・アイウォレット・スティックペイなど)

ブックメーカーを始めたことがない初心者の場合、オンライン決済サービスに登録済ということはないと思われるので、クレジットカードやデビットカードを利用することになるでしょう。

入金時の準備

入金時の準備

入金時は、上記で紹介した手段のうち、最低1つ以上は用意しておきます。個人的には、クレジットカードもしくはデビットカードがおすすめです。

これらのカードの作成は期間がかかる場合もあるので、始める前に事前に用意しておきましょう。

銀行振込は非常に便利ですが、反映が遅く、無駄な手数料が取られてしまう場合もあるので、微妙です。デビットカードを使えば、ほぼ銀行振込と同様の状態になりますので、できるだけ手数料を安く抑えるために、デビットカードを使うのがいいのではないか、と感じています。

クレジットカード入金時の注意点

クレジットカード入金時の注意点

多くのブックメーカーで、クレジットカードやデビットカードは入金手段として利用できるのですが、いくつか注意点があります。具体的には以下の通りです。

注意点
  • ブランドによって利用できないことがある
  • クレジットカードはあくまで借金である
  • 入金が失敗することも多い

それぞれ、解説していきましょう。

ブランドによって利用できないことがある

ブランドによって利用できないことがある

クレジットカードのブランドにより、使いやすさは大きく異なります。下の表を参考にしてください。

ブランド 使いやすさ
VISA
MasterCard
JCB
American
Express
DinersClub ×

入金手段として用意するのであれば、VISAが最適です。ほとんどのブックメーカーで受け付けてくれます。一方、他のブランドは、MasterCardならばそれなりに入金に利用できますが、JCBやAmerican Express、Diners Clubはあまり使い物にならないという印象です。

「ブックメーカーを始めるためにクレジットカードを発行しよう」と考えている方は、VISAブランドを狙っていきましょう。

クレジットカードはあくまで借金である

クレジットカードはあくまで借金である

クレジットカードでの入金はあくまで借金です。金額分は、指定の期日にきちんと返済しなければなりません。始める前にこの事はしっかり覚えておきましょう。

ブックメーカーを始めて楽しさに気づいてくると、蛇口をひねるように入金しまくるという方もいますが、少し注意が必要です。もちろん、それでベットを的中させまくり、一気に利益を出せる可能性もありますが、反面、始めたばかりは調子が良かったとしても、その後、負け続けたり、最初からまったく的中せず資金をどんどんすり減らしてしまう可能性もあります。

仮に資金をすり減らしてしまい、借り入れの返済が遅れるようなことがあると、あなたの大切な信用情報が傷ついていくことになります。

その結果、将来的なクレジットカードの作成、自動車ローン、住宅ローンなどに大きな負の影響が生じかねません。

もし、始める前に不安だと思っていたり、借金を負いたくないという場合には、自分の資金力の範囲でしか利用できないデビットカードを利用するようにしましょう。

入金が失敗することも多い

入金が失敗することも多い

クレジットカードやデビットカードによる入金は、様々な理由によって、利用できないこともあります。主な理由としては、

入金できない理由
  • クレジットカードの発行元がギャンブルサイトへの利用を制限している
  • 利用可能額を超過した申請をしている
  • 第三者による不正利用が疑われる

といったようなものがあります。特に、1番目の「クレジットカードの発行元がギャンブルサイトへの利用を制限している」というケースは、比較的多くあります。

この理由の場合は、何度トライしても同じ結果になります。そのカードは使えないものだと弁えて、別の手段を講じるようにしましょう。

そのため、始める前に、クレジットカードは1枚だけでなく、複数枚用意しておくのが賢明と言えるでしょう。

なお、あるブックメーカーで利用できなくても、別のブックメーカーでは利用できるということもあります。

手順2) ブックメーカーのベット方法(賭け方)

手順2) ブックメーカーのベット方法(賭け方)ストリーミング

入金が完了したら、いつでも好きな試合に好きなようにベットして始めることができます。始める際、特段何かが必要になるということはありません。

オッズは画面で確認できますし、賭け方も様々な種類から選択できます。

賭けの的中率を高めたいという場合には、DAZNやスカパーなどで、該当の試合を見ながら、その戦況に応じて賭け方を決めるというのもいいかもしれません。

なお、試合をストリーミング視聴できるブックメーカーもいくつか存在します。

ベットは1種類に限らず、同時に様々な方法を用いることも可能です。

実際にお金を賭けて始める際には、戦略をよく考えながら、的中率を高められるベット方法を組み合わせていきましょう。

手順3 ブックメーカーの出金方法

手順3 ブックメーカーの出金方法

実際にベットを始めて、勝利金を積み重ねてきたら、いよいよ出金をすることになります。この出金の作業が、実は一番煩雑です。

しかし、きちんとやるべきことをこなしていかなければ、せっかくの勝利金を出金することはできません。

では、具体的にどのような準備が必要になるのか、また注意点は何か、詳しく説明していきます。

出金時の準備

出金時の準備

出金に際して必要になる準備は、以下の通りです。

  • オンライン決済サービスへの登録
  • 本人確認書類の提出

それぞれ、詳しく確認していきましょう。

オンライン決済サービスへの登録

オンライン決済サービスへの登録

銀行口座までの資金の流れは、以下の通りになります。

ブックメーカー → オンライン決済サービス → 銀行口座

基本的に、ブックメーカーから銀行口座に直接出金することはできません。オンライン決済サービスを経由することとなります。そのため、始める前に出金の事を見越して、いずれかのオンライン決済サービスに登録しておくといいでしょう。

どのオンライン決済サービスに登録すべきかは、利用しているブックメーカーによって異なります。迷った場合は、エコペイズを選択すればいいでしょう。エコペイズならば、ほぼ全てのブックメーカーで利用することができます。

本人確認書類の提出

本人確認書類の提出

出金に際して、最も面倒な作業が本人確認書類の提出です。プレイヤー本人以外に資金が行きわたることを阻止するため、本人確認を厳格に行っています。

アカウント登録時は、特に面倒な本人確認はなかったのですが、それに代わって出金申請のタイミングで、本人確認が行われることになるのです。

本人確認書類は、メールで担当部署に送付する、もしくはサイトのマイページから、該当の書類をアップロードするというやり方が一般的です。

具体的に、どのような書類が必要になるかというと、

身分証明書 運転免許証
パスポート
マイナンバーカード等
住所確認書類 クレジットカード利用明細書
公共料金の領収書等
資金源
確認書類
入金に確認したクレジットカード

といったようなものです。これらの書類の画像を撮影し、審査が完了したら、無事に出金処理が施されることになるのです。

出金時の注意点

出金時の注意点

本人確認においては、本当にプレイヤーと出金先の人物が同一なのかということを細かくチェックされます。少しでも不備がある場合には、審査が完了せず、なかなか出金処理ができません。

ここで非常に重要になるのが、最初に登録していたアカウントの登録情報です。アカウントの住所、氏名、生年月日等の登録情報は、本当に正しいものなのか、きちんと確認しておく必要があります。

住所や氏名については、日常生活の中で変更になる可能性があるので、アカウント登録後も変更できるのですが、生年月日については、変更は不可能です。

そのため、万が一登録時に間違った生年月日を入力してしまっていると、厄介なことになります。

それでも、手違いで生年月日を間違えて登録してしまったという人もいるかもしれません。ゴリ押しで、出金申請を続けても、恐らく審査が完了することはないでしょう。

その場合は、登録時に生年月日の入力を間違えてしまったということを、サポート部門に連絡して対応を仰ぐようにしましょう。

きちんと事情を説明すれば、適切に対応してくれるはずです。

まとめ

ブックメーカーでのスポーツベッティングは、スマホ1台、パソコン1台あれば、いつでもどこでも始めることができます。

しかし、実際に始めるためには、登録することはもちろん、アカウントに入金しなければ、実際にベットを行うことはできません。入金手段には様々な方法がありますが、初心者の方はクレジットカードやデビットカードを利用するのがいいでしょう。

そして、実際にベットを始めて、増やした勝利金を出金するためには、出金先の口座として、オンライン決済サービスに登録しておく必要があります。

また、出金処理を完了させるためには、本人確認の手続きを済ませておくことも必要です。

このように、ブックメーカーを始めるには少々面倒な部分もありますが、全てクリアできれば、後はスポーツベッティングを楽しむだけです。スムーズに始めるために諸々の手続きは早めに済ませておきましょう。

>>ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー