ブックメーカーの違法性と危険性

ブックメーカーの違法性と危険性

ブックメーカーの違法性と危険性

賭博行為が禁じられている日本において、ブックメーカーでの賭け事に違法性はあるのでしょうか。また、アカウントを不正利用される等の危険性はないのでしょうか。

最近、ブックメーカーに登録してスポーツベッティングをする人も増えていますが、ちょっと不安に感じる部分もありますよね。

そこでこの記事では、ブックメーカーの違法性や危険性について、詳しく解説をしていきたいと思います。

>>ブックメーカーの始め方!登録から入金・出金までの流れ

ブックメーカーの違法性

ブックメーカーの違法性

結論から言いますと、日本人がブックメーカーでスポーツベッティングを行っても、違法性は問われません。

その理由について、具体的に解説していきます。

そもそもなぜ日本では賭博が禁じられているのか?

そもそもなぜ日本では賭博が禁じられているのか?

日本では、刑法という法律に、賭博行為を違法とみなし禁じるという規定があります。法律で定められているから、賭博行為は違法なのです。とても簡単な理由ですね。

20歳未満は喫煙や飲酒が違法というのと同じようなものですね。

賭博行為が違法な理由は、治安維持のため、ギャンブル依存症対策のためなど、様々な理由があります。

納得できないというような人もいるかもしれませんが、日本国内で普通に賭博行為をしていれば、違法のため罪に問われてしまうので注意しましょう。

ちなみに、日本国内でも一部の賭博行為については違法とみなされず認められています。いわゆる公営ギャンブルです。具体的に上げますと、

  • 競馬
  • 競輪
  • オートレース
  • パチンコ
  • パチスロ

などです。パチンコやパチスロについては、違法で逮捕されるということはありませんがグレーな部分もあります。

スポーツベッティングは日本での賭博ではない!

スポーツベッティングは日本での賭博ではない!

ブックメーカーでのスポーツベッティングは、上記の認められているリストには含まれていません。そのため、ブックメーカーは違法なのではないか、と考えるのも無理はないでしょう。

しかし実は、ブックメーカーでスポーツベッティングをしても、日本国内で違法の賭博行為をしたというようには認識されないのです。一体なぜだか分かりますか。

違法ではなくなるポイントは以下の2つです。

ポイント① 運営企業が全て海外にある
ポイント② オンラインでベットを楽しめる

それぞれ、詳しく説明していきましょう。

ブックメーカーの運営企業は、すべて海外にある

ブックメーカーの運営企業は、すべて海外にある

まず認識しておくべき点は、全てのブックメーカーの拠点が海外にあるということです。イギリスやマルタ島、ジブラルタル、オランダ領キュラソーなどが多いですね。

つまり、日本企業のブックメーカーは現状ないということです。考えてみれば当然ですね。日本では、賭博行為が違法で禁じられているわけですから会社を設立できるはずもありません。

ブックメーカーはオンラインでベットを楽しめる

ブックメーカーはオンラインでベットを楽しめる

もう1つ重要な点は、ブックメーカーはスマホやパソコンなどを使って、オンラインでスポーツベッティングを楽しむことができるという点です。

現地に行かなければ楽しむことができないパチンコやパチスロ、競馬などとは大きな違いがありますね。(最近では、競馬や競輪などはオンラインでも楽しめようにはなっていますが。)

この「オンラインで」という部分が、ブックメーカーが違法ではないという点で非常に重要です。

ブックメーカーは運営元の企業がある国での賭博と見なされる

ブックメーカーは運営元の企業がある国での賭博と見なされる

上記2つの条件から、ブックメーカーにおけるスポーツベッティングは、以下のように認識することができます。

海外(運営元の企業のある国)に行って、賭博行為をしている

例えば、イギリスの企業が運営しているブックメーカーであれば、イギリスに行ってベットしている、オランダ領キュラソーの企業であれば、オランダ領キュラソーに行ってベットしているというように見なされるのです。それが、例え日本国内からアクセスしていたとしても。

日本の刑法が、その効力を発揮する範囲は、日本の主権が及ぶ範囲でしかありません。つまり、日本国内のみです。

海外に行けば、例え日本人でも、日本の法律ではなく、現地の法律に拘束されることになります。

つまり、賭博行為が違法でなく、法律で認められている国に行けば、日本人が賭博をしたとしても違法に当たらないというわけです。

マカオやラスベガスに旅行に行って、現地でカジノを楽しんできた日本人が、帰国後に違法とみなされ逮捕されたというニュースは聞いたことがないですよね。

テレビやYouTubeの企画で、日本の有名人が海外でカジノに興じているという映像を見ることも少なくありません。

よって、日本人がブックメーカーでスポーツベッティングをしたとしても、それは違法ではないのです。

ブックメーカーの危険性

ブックメーカーの危険性

ブックメーカーが違法ではないということはお分かりいただけたでしょう。しかし、海外企業のサイトということで、次のような不安を感じている方もいるはず。

  • 賭けが的中しても、本当に資金が増えるのだろうか
  • 出金したい時に自由に出金できるのだろうか
  • アカウントに不正にアクセスされる危険はないか
  • ある日突然、ブックメーカーが閉鎖して貯めた資金がなくなっている危険はないだろうか

結論から言えば、100%安全とまでは言えませんが、危険性は非常に低いです。

その理由について、具体的に解説していきましょう。

ブックメーカーを運営するためにはライセンスが必要

ブックメーカーを運営するためにはライセンスが必要

ブックメーカーは誰でも簡単に運営することができるわけではありません。その運営に当たっては、プレイヤーの安全を守り危険性を低くするために公式なライセンスの付与を受けなければなりません。

教員免許がなければ学校教員ができない、医師免許がなければ医者として勤務できないのと同じであると考えていいでしょう。

そして、このライセンスを取得するのが、非常にハードルが高いものとされているのです。

発行している国や地域は様々あります。具体的には、イギリスやフィリピン、マン島、ジブラルタルなどです。

基本的に、いずれか1つのライセンスの付与を受けていれば、運営することはできます。

そして、審査項目とされるものは、以下のようなものです。

項目① 資金力
項目② サーバーの安全性
項目③ 経営者や従業員の信頼性

オンラインカジノも同時に運営している場合、カジノゲームにおいて不正なプログラムが組まれていないかなども審査項目です。

これらの項目のいずれか1つでも、合格点に満たなかった場合には、ライセンスは付与されません。

また、一度取得すればOKというものではなく、定期的に更新しなければなりません。つまり、審査の際だけに帳尻を合わせるような方法は通用しないというわけです。

よって、ブックメーカーはライセンスが付与されていないとそもそも運営ができないので、危険性は低いと結論付けられます。

では、さらに一つひとつの審査項目について、深掘りしていきます。

審査項目①資金力

審査項目①資金力

ブックメーカーを運営する上で、潤沢な資金を有しているか否かは非常に重要なポイントです。我々プレイヤー側からすれば、「きちんと出金申請に対応できるか」というところに関わってきます。

仮に、あなたが5000ドル分の勝利金を出金したいとします。その時、当然ですが、ブックメーカーには5000ドル以上の資金がなければなりません。

資金力が乏しく、5000ドルも資金に余裕がないという場合、当然ですが、その出金申請に応じることはできませんね。

よって、潤沢な資金力があるかないかは、危険性が低いことを示すうえでは非常に重要な点なのです。そのため、資金力がライセンス付与の1つの項目に挙げられています。

なお、ライセンスの取得や維持には、高額の費用が発生します。その費用への支払いにも十分対応できるだけの資金力がなければ、長く運営を続けることはできないのです。

審査項目②サーバーの安全性

審査項目②サーバーの安全性

プレイヤーファーストのブックメーカーを実現するために、サーバーの安全性を担保することも非常に重要です。仮に、脆弱で危険性の高いサーバーの場合、簡単に不正な侵入を許し、アカウントを第三者に不正利用される危険もあります。

どんな楽しさも、全ては安全性や安心感の上に成り立つものです。そのため、多くのプレイヤーがスポーツベッティングを通じて楽しさを味わうためには、危険性が低く安全性の高いサーバーを用意することが不可欠なのです。

仮にサーバーの脆弱性を指摘された場合には、ライセンスの取得をすることができません。ライセンスを取得するためには、危険性を徹底的に排除し、誰もが安全に安心して楽しめるサーバーを構築することが最優先事項となるのです。

もちろん、ブックメーカーは本人以外の利用は認めていませんので、例えば第三者の口座に勝利金が出金されてしまうというような危険はありません。しかし、だからと言って自分のアカウントが見知らぬ他人に勝手に利用されるのは怖いですからね。

以上の理由から、アカウントが不正に利用されるという危険もありません。ライセンスが付与されていることがその大きな証明となります。

審査項目③経営者や従業員の信頼性

審査項目③経営者や従業員の信頼性

人間の信頼性というと、客観的な基準を設けるのがとても難しいような気がしますが、ライセンス付与においては、この部分も重要な審査項目の1つのようです。

経営者(運営企業)については、その運営歴が長ければ長いほど安全であると言われています。1つの基準が10年という期間です。10年以上の運営歴のあるブックメーカーならば、危険性は低く信頼性は高いと認識して間違いないでしょう。

なお、イギリスのブックメーカー「ウィリアムヒル」は何と1934年からという長い運営実績があります。間違いなく、信頼性はナンバーワンと言えるでしょう。

従業員についても、問い合わせに真摯に対応しているか、不測の事態にも慌てずに対応できるかという部分を見られているようです。

実際にブックメーカーで遊んでいると、結構トラブルや困りごとに直面して、戸惑うことが多くあります。そんな時は、ライセンスにより信頼性を担保されたサポートスタッフを頼れるので安心です。

まとめ

日本人がブックメーカーに登録して、プレイするとなると、「違法ではないのか」「危険性はないのか」といったような不安が付きまといます。

この記事で説明したように、違法性はなく、また危険性も低いと考えていいでしょう。

しかし、ライセンスは発行元の政府によって、その危険性や信頼度は違います。イギリスやマン島、マルタ、ジブラルタルあたりは危険性が低く信頼度が高いです。一方で中南米諸国は信頼度が低いと言われています。

不安があるという方は、とにかく有名なブックメーカーを選んでおけば間違いありません。それでも、選択肢は数えきれないほどにありますからね。

>>ブックメーカーの始め方!登録から入金・出金までの流れ