MasterCard入金対応のブックメーカー10サイト!おすすめを紹介

マスターカードでブックメーカーに入金

多くのブックメーカーがMastercardブランドのクレジットカードからの入金に対応しています。VISAと並んで、ブックメーカーでの利用しやすさは、全カードブランドの中でも群を抜いているのがMastercardです。

しかし、いざMastercardでブックメーカーに入金しようと思っても、どのブックメーカーを選べば良いのか困ってしまいますよね。最近は多くのブックメーカーが日本語対応をしており、その長所も様々あるので、1つに選ぶのはなかなか難しいものです。

そこでこの記事では、Mastercard入金対応のブックメーカーについて、特にオススメの10サイトを紹介したいと思います。

>>ブックメーカーの決済手段(入金・出金)!

Mastercardで入金できるブックメーカー10サイト

  • カジノエックス
  • BETTILT
  • ジョイカジノ
  • 188BET
  • ウィリアムヒル
  • 10BET
  • NETBET
  • SPORTBET
  • ハッピスター
  • ピナクル

 

Mastercardで入金できるブックメーカー①カジノエックス

カジノエックスのMastercard入金の特徴を簡単にまとめます。

カジノエックス
入金手数料 無料
為替手数料 あり
※日本円の場合無料
反映時間 即時
可能額 500円~50万円

カジノエックスでMastercardを利用すると、最大50万円もの高額入金が可能です。カジノエックスでは通貨単位を日本円に設定可能なので、その場合には為替手数料が発生しません。入金手数料も一切かかりませので、500円という少額から、50万円という高額まで、手数料なしでの入金を行うことができます。少額派からハイローラーまで、幅広く楽しむことができます。

また、カジノエックスは業界最大級のプロモーションボーナスも魅力。初回から5回目までの入金で総額40万円相当も受け取ることが可能。特に初回の入金時は、最大20万円相当を受け取れるので、Mastercardの高額入金で一気に資金を稼いでしまいましょう。

CASINO-X(カジノエックス)のMasterCard入金手順

Mastercardで入金できるブックメーカー②ジョイカジノ

ジョイカジノのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

ジョイカジノ
入金手数料 無料
為替手数料 あり
※日本円の場合無料
反映時間 即時
可能額 500円~20万円

ジョイカジノは、カジノエックスと同じ母体によって運営されているブックメーカーです。Mastercardの入金可能額で見ると、最大が20万円となっているため、この部分はややカジノエックスに見劣りしてしまいます。しかし、それ以外はカジノエックスとは大差がなく、サイトの構成も含めてほぼ同じとなっています。

もちろん、プロモーションボーナスはカジノエックスと同等の内容。カジノエックス及びジョイカジノの双方に登録し、巨大なボーナスを満額受け取れば、それだけで数か月分の給料と同等の金額になるという方も多いのでは。2つのブックメーカーに登録していれば、アービトラージが発生している場合にも、即座に反応することができます。カジノエックス、ジョイカジノのいずれかではなく、いずれにも登録して楽しむのがオススメです。

JOY CASINO(ジョイカジノ)のMasterCard入金手順

Mastercardで入金できるブックメーカー③ウィリアムヒル

ウィリアムヒルのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

ウィリアムヒル
入金手数料 無料
為替手数料 あり
※日本円の場合無料
反映時間 即時
可能額 1500円~1300万円

言わずと知れた老舗ブックメーカーのウィリアムヒルもMastercard入金に対応しています。80年以上もの歴史があり、イギリスでは「銀行よりも信用度が高い」とまで言われています。そのため、安心感や信頼度は抜群。他のブックメーカーと比較して最も安全に遊べると言っても過言ではないでしょう。

ウィリアムヒルのMastercard入金について言えば、まず為替手数料を無料にできます。そのためには、ウィリアムヒルでの通貨設定を日本円にしておくことが必要です。入金手数料もかかりませんので、無駄なことで軍資金をすり減らす心配がありません。そして、最大の特徴が可能額。何と1300万円という超高額にも対応。そもそもそんなに利用することがあるのか、という疑問も出てきますが、いずれにせよほぼ無制限と捉えても問題ないでしょう。

Mastercardで入金できるブックメーカー④10bet

10betのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

10bet
入金手数料 無料
為替手数料 あり
(最大100ドルキャッシュバック)
※日本円の場合無料
反映時間 即時
可能額 1201円~20万円

10betもMastercard入金に対応のブックメーカーです。また、サイト内での使用通貨の単位を日本円に設定していれば、為替手数料が発生せず、入金することができます。仮に、ドルやユーロに設定していたとしても、最大100ドル分までは為替手数料がキャッシュバックされるという素晴らしいオプションも用意されています。ついうっかり、通貨単位の設定を間違えていたという方も安心です。

10betは、10万人を超える日本人が登録していると言われており、その実績から見ても、日本人にとって利用しやすいブックメーカーと言えるでしょう。イタリア・セリエAの名門ユベントスFCの公式パートナーを務めていることも、安心感を担保する材料です。

10betでは、毎日様々なボーナスを提供しています。そのため、特定のスポーツに偏らず、様々なスポーツの試合の賭けを、ローリスクで楽しめることでしょう。

Mastercardで入金できるブックメーカー⑤NetBet

NetBetのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

NetBet
入金手数料 無料
為替手数料 あり
※日本円の場合無料
反映時間 即時
可能額 無制限

Mastercard入金対応のNetBetは、審査が世界で最も厳しいと言われるマルタ共和国のライセンスを取得して、ブックメーカーを運営しています。Mastercard入金における可能額は無制限、クレジットカードの利用可能額の範囲ならば、上限はありません。また、出金額も無制限とあって、ハイローラーに最適なブックメーカーと言えるでしょう。

賭ければ賭けるほどポイントが貯まり、お得に商品交換やボーナス獲得が可能なプレイヤーズクラブも充実しており、楽しみ方はスポーツへの賭けだけに留まりません。NetBetで利用可能の通貨単位はドルのため、為替手数料が発生してしまう点は残念なところですが、それも気にならないくらいの大きな勝利金を手にしてしまえば問題なしです。

初回から4回目までの入金においては、各400ドルずつ、合計で1600ドルを受け取れるプロモーションボーナスも大きな魅力の1つです。

Mastercardで入金できるブックメーカー⑥Sportsbet io

Sportsbet ioのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

Sportsbet io
入金手数料 無料
為替手数料 あり
※サイト内通貨はビットコインとユーロ
反映時間 即時

Sportsbet ioは、ビットコインを専門に扱っているブックメーカーとして有名です。Mastercardでビットコインを購入して、Sportsbet ioでベットに利用するという形になります。そのため、どうしても為替手数料が発生してしまいます。その反面、出金も含めてかなりスピーディに処理が実行されるのが、大きなメリットの1つです。

Sportsbet ioは、試合をストリーミング視聴できます。試合をリアルタイムで見ながら賭けを行えるので、ライブベットにおける的中率は、かなり高められるでしょう。

また、「責任あるゲーミング」というところを強く意識しているのがSportsbet ioの特徴です。どうしてもギャンブルにのめり込みすぎてしまうのが怖い、と感じている方は、一定の基準を超えると自動的にアカウントへのログイン制限をしてくれるSportsbet ioが最適なブックメーカーになるかもしれません。

Mastercardで入金できるブックメーカー⑦Bettilt

BettiltのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

Bettilt
入金手数料 無料
為替手数料 あり
※日本円の場合無料
反映時間 即時
可能額 1000円~15万円

BettiltにMastercardで入金する際には、通貨単位を日本円に設定しておきましょう。すると、余計な為替手数料により軍資金をすり減らしてしまう心配がありません。

可能限度額は15万円とやや少なめですが、手数料が発生しませんので、何度入金したとしても問題なし。大きな金額を入金したいと考えている人にもオススメできるブックメーカーです。

Bettiltでは、試合をストリーミング視聴できます。よって、ライブベットにおける賭けの的中率を高められるでしょう。細かく利益を積み重ねていくことで、やがて大きな資金へと成長させていくことも夢ではありません。また、賭ければ賭けるほど貯まるロイヤリティポイントも他のブックメーカと比較した時のBettiltの大きな魅力。出金条件はわずか1倍ですので、賭けるだけで効率的に資金を増やしていけるでしょう。

Mastercardで入金できるブックメーカー⑧Happistar

HappistarのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

Happistar
入金手数料 入金額の4%
為替手数料 あり
※日本円への設定は不可
反映時間 即時
可能額 1000円~10万円

Happistarは元々オンラインカジノ事業をしていましたが、最近になりブックメーカーとしてスポーツブックの取り扱いも始めました。HappistarにMastercardで入金する場合、入金手数料と為替手数料の双方がかかってくるのは、少々いただけないところです。他のブックメーカーでは、ほとんどどちらの手数料もかかりませんので、この点はHappistarの大きなデメリットと言えるでしょう。

しかし、時期によってはMastercardでの入金に際して、入金手数料が無料となるキャンペーンもあります。どうせならば、この時期を狙いたいですね。

Happistarは、取扱っているスポーツの競技数も少なく、日本のJリーグやプロ野球に賭けることができません。しかし、ブックメーカー業界では珍しく、大相撲に賭けることができます。大相撲はどちらが勝つかのみのシンプルな予想で、難しいことを考えずに、サクサクベットができます。番狂わせも結構起こるので、美味しいオッズを立て続けに獲得するなんていうことも夢ではありません。

Mastercardで入金できるブックメーカー⑨ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

ピナクルスポーツ
入金手数料 無料
為替手数料 あり
反映時間 即時
可能額 20ユーロ~5000ユーロ

Mastercard入金にも対応しており業界でも最高オッズを提供していることで有名なピナクルスポーツ。ピナクルスポーツにMastercardで入金する場合、決済システム上、一度必ずユーロに換金されることになります。そのため、ピナクルスポーツでは通貨単位を日本円に設定できるのですが、Mastercardで入金する場合、

日本円→ユーロ→日本円

という流れで処理が実行。よって、二重で為替手数料が発生してしまうのが大きな難点です。ピナクルスポーツは、ブックメーカーの必勝法として有名な「アービトラージ」が可能と公言しています。「為替手数料なんて気にしない。どんどん稼いでやる」と考えている方は、是非利用しましょう。賭け上限額もかなり高いので、ハイローラーにもオススメです。

Mastercardで入金できるブックメーカー⑩188bet

188betのMASTERCARD入金の特徴を簡単にまとめます。

188bet
入金手数料 無料
為替手数料 あり
※日本円の場合無料
反映時間 即時
可能額 3000円~55万円

188betにMastercardで入金する場合、入金手数料は発生しません。さらに、通貨単位を日本円に設定していれば、為替手数料も発生しないので、何度入金したとしても余計な手数料で軍資金をすり減らしてしまう心配がありません。1回あたり55万円までという高額入金も可能なので、ハイローラーにも使いやすいブックメーカーと言えるでしょう。

188betは、世界で最も審査が厳しいと言われているマン島のライセンスを取得してブックメーカーを運営されています。初心者でも安心して賭けを楽しめます。

また、2019年9月以降、ついにキャッシュアウト機能を整備。ブックメーカーで勝つためにマストで身に着けたいキャッシュアウト機能を使えば、着実に勝利金を積み上げられていくはずです。

188BETのMasterCard入金手順

Mastercard入金の際の注意点

たとえMastercard入金に対応しているブックメーカーであっても、時には、様々な理由によって失敗することがあります。具体的に想定される理由としては

  • クレジットカードの利用可能額を超過している
  • カード発行会社が海外への送金を規制している
  • 急な高額決済が異常と認識され、一時的にクレジットカードの利用が停止される

といったものがあります。

特に多いのが、2番目の「カード発行会社が海外への送金を規制している」というケースです。特に、ギャンブルサイトへの送金については、かなり厳しく規制されているものです。そのため、Mastercard入金対応と謳ってはいても、実際には入金できないということはよくあります。

また、普段全然クレジットカードを利用していなかったのに、突然何万円、何十万円という単位での決済があると、クレジットカード会社のシステムが異常利用と感知して、自動的にクレジットカードの利用を一時停止にすることがあります。これは、第三者による不正利用を疑い、クレジットカード所有者を守るための措置です。異常利用の感知による入金拒否の場合には、程なくして本人確認のための電話やSMSが来ることがほとんどです。その際に、「自分本人による利用である」ということをきちんと伝えれば、クレジットカードが正常に利用可能の状態に戻ります。

Mastercardで入金できない場合の対処法

ブックメーカーにMastercardで入金しようとしたのに、失敗したという場合には、以下の方法で対処しましょう。

  1. 別のクレジットカードを利用する
  2. 別のブックメーカーに入金する
  3. デビットカードで入金する

1つのブックメーカーしか登録していない場合、一度失敗したクレジットカードで再度試みても、なかなか入金できません。何度も繰り返し入金しようとすると、これまた第三者による不正利用を疑われ、一時的に利用停止になるなど、面倒な事態になります。利用可能額を超過していないのに入金できなかったという場合には、VISAやJCBなどの他社ブランドも含めて、別のクレジットカードを試してみましょう。

複数のブックメーカーに登録しているならば、それぞれ入金を試してみると良いでしょう。同じクレジットカードであっても、10betでは拒否されても、NetBetでは成功したということはよくあります。クレジットカードは1枚しか所有していないという方は、複数のブックメーカーに登録することで、選択肢を増やしておくのがオススメです。

また、Mastercard入金対応のブックメーカーについては、クレジットカードのみならずデビットカードにも対応していることもほとんどです。デビットカードは、紐づけられた銀行の口座残高の範囲でしか決済ができないシステムになっているので、クレジットカードほど審査は厳しくないでしょう。多くのケースで入金が成功しますので、ブックメーカーを始めるにあたって、確実に入金できる手段として1枚は持っておきたいところです。

まとめ

Mastercardは多くのブックメーカーで対応されており利用できます。VISAと並んで、Mastercardに対応していないブックメーカーはほとんどありませんので、最低でも1枚以上は所有しておくと、入金時に余計なストレスを感じずに、ブックメーカーでの賭けを楽しめます。

この記事で「Mastercard入金対応のブックメーカー」として紹介した10サイト(カジノエックス・ジョイカジノ・ウィリアムヒル・10bet・NetBet・Sportsbet io・Bettilt・Happistar・ピナクルスポーツ・188bet)は、いずれも日本語対応を果たしているブックメーカー。それぞれに異なった特徴があります。その特徴を見て、自分に最適なブックメーカーを見つけられるようにしてください。

>>ブックメーカーの決済手段(入金・出金)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です