bwinの特徴

おすすめのブックメーカーのbwinの特徴

日本人に利用をオススメしたいブックメーカーは様々あります。その中でも、アピールポイントが非常に多いということで人気なのがbwinです。

bwinには、一体どのような特徴があるのでしょうか。この記事で、詳しく解説をしていきます。

bwinの基本情報

bwinの基本情報

まずは簡単にbwinとはどのようなブックメーカーなのか、確認しましょう。

運営企業 ElectraWorks Limited(オーストリア)
ライセンス ジブラルタル・イギリス
運営歴 23年
日本語対応
オンラインカジノ
オンライン決済 Neteller、Moneybookers(Skrill)

bwinの運営企業は、オーストリアにあるElectraWorks Limitedという会社で、ジブラルタルの政府よりライセンス承認を受け、ブックメーカーを運営しています。

サッカーファンの方ならbwinはお馴染みではないでしょうか。というのは、世界一のサッカーチームと言われるレアルマドリードのユニフォームの胸スポンサーを長く務めていたためです。

あのレアルマドリードのスポンサーを務めていたと聞くと、きっと素晴らしいブックメーカーなんだと想像できますね。

ここからは、さらに具体的にbwinの魅力について迫っていきましょう。

bwinの魅力

bwinの魅力

安全性が抜群

Bwin最大の魅力は何と言っても、抜群の安心感です。

既に、レアルマドリードの胸スポンサーを務めたことがある、ということは説明しました。それに限らず、bwinにはまだまだ安心感を担保する材料がもりだくさんなのです。

  • 審査の厳しいジブラルタル政府のライセンス承認を受けている
  • 英国賭博委員会から運営を許可されている
  • ウィーン証券取引所に上場している
  • ブックメーカー運営歴が23年

まさに抜け目ない安心感といったところですね。どこから攻めても信頼感は揺らぎません。

また、上記のような理由から、知名度自体もブックメーカー業界で5本の指には入ってくると言われています。

試合のストリーミング視聴が可能

試合のストリーミング視聴

Bwinでは、ベット対象となっている試合をストリーミング視聴することができます。

通常、スポーツの試合を視聴する際は、DAZNやスカパー、といったような有料の動画配信サービスに登録しなければなりませんね。

しかし、bwinでは、アカウントに少しでも残高があれば、それだけで様々な試合をストリーミング視聴することができるのです。

全試合が対象となっている訳ではありませんが、注目度の高い試合は、その対象となる可能性が非常に高くなっています。

Bwinは登録費も月額料金も無料。一切の費用がかかりません。

しかも、試合を見ながらベットを楽しみ、資金を増やしていくということも十分可能。

月額料金を支払いながら、スポーツを視聴するより、bwinで資金を増やしながらスポーツを視聴する方が、断然お得だと感じませんか?

動画視聴料金
DAZN 月額1750円(税抜)
スカパー 基本料金429円+チャンネル料金(月額)
bwin 無料

※DAZNとスカパーの料金は記事執筆時の値です。

賭けの種類が豊富

Bwinでは、サッカーやゴルフ、野球と言ったような王道のスポーツを中心に、全部で38種類ものスポーツの大会や試合をベット対象としています。

そして、試合前ベットはもちろんのこと、ライブベットも充実。賭け方も「勝ち負け」というオーソドックスなものから、「次のゴールは?」「正確なスコアは?」「逆転勝利はあり得る?」など幅広く用意されています。

さらに面白いのは、スポーツだけではなく、政治や時事関連の話題もベットの対象となっていること。

毎日なんと30000通りの賭け方が提供されているとも言われています。

2020年には、東京オリンピックはもちろんのこと、アメリカ大統領選挙も控えており、bwinは盛り上げること必至ですね。

もしかしたら、夏の東京都知事選もベットの対象になるかも?

サッカーが熱い

Bwinは様々なスポーツの中でも、特にサッカーに熱を注いでいるという印象があります。

実際にbwinの公式サイトにログインし、スポーツベッティングのページに遷移してみると、トップページに「Today’s Football」というコーナーも用意。

その日に行われるサッカーの試合予定、そして結果も確認することができるのです。

さらに、過去にはレアルマドリードのスポンサーを務めたということを紹介しましたが、さらに現在は以下のチームの公式パートナーともなっています。

スポンサーシップ契約
アトレティコ・マドリード ボルシア・ドルトムント
インテルミラノ バレンシアCF

いずれも、ヨーロッパの最前線で戦う強豪チームばかりですね。

Bwinが、名実ともにビッグと言われるようなクラブに認められているという何よりもの証拠でしょう。

キャッシュアウト機能がある

ブックメーカーで着実に勝利を収めるためには、必ず身に着けておきたいスキルが「キャッシュアウト機能」。

通常、賭け事と言うと、賭けたら最後、あとは結果が出るまで待ち続けるほかありません。

例えば、totoで「鹿島アントラーズ VS ガンバ大阪」の試合に、「鹿島アントラーズ勝利」で賭けていたとしましょう。

試合終盤まで、1点差で鹿島アントラーズがリード。しかし、ラストワンプレーで失点し、ドロー決着。

この場合、その賭けの結果はハズレとなります。

私も長くtotoや競馬で賭けを楽しんできたのですが、このようなシーンが非常に多くありました。そして、「賭けを途中の時点でやめることができればな」と感じたことは数知れず。

しかし、そんなスポーツベット好きの願望を叶えてくれる機能がbwinには備わっているのです。

それが、キャッシュアウト機能。

キャッシュアウト機能とは、簡単に説明すると、賭けの成立を待たずして、払い戻しを受けることができるという機能です。その結果、以下のようなことができるのです。

  • 利益を確定させることができる
  • 損失を最小限に抑えることができる

スポーツベッティングはギャンブルですので、誰もが一発当てて大儲けしたいと考えているはず。しかし、なかなかそうはうまく行かず、気が付けば資金を溶かしてしまっているなんていうことは多くある例です。

しかし、キャッシュアウト機能をきちんと使いこなすことができれば、確実に勝利数は増やすことができます。

もちろん、一発逆転を夢見る方には物足りないかもしれませんが、長い目で見て着実に利益を出していくためには、

  • いかに着実に利益を積み上げるか
  • いかに損失を最小限に抑えるか

というところが非常に重要なポイントとなってくるのです。

ブックメーカー選びにおいて、キャッシュアウト機能の有無は必ず確認しておきたい事項。Bwinには備わっていますので、安心です。

オンラインカジノも利用可能

Bwinで楽しめるのはスポーツベッティングだけではありません。オンラインカジノも楽しむことができます。

オンラインカジノでは、以下のようなゲームを提供

カジノゲーム
ポーカー ルーレット
バカラ ブラックジャック
スロット

それぞれのゲーム提供数も豊富であり、bwinに登録さえしておけば、様々な楽しみ方が可能です。

もちろん、ライブカジノも充実しています。

スポーツベッティングに飽きたらオンラインカジノ、オンラインカジノに飽きたらスポーツベッティング。

多様な方法で資金を増やしていくことができるので、とても楽しいでしょう。

株式投資やFXなどで、年利数%しか増やすことができない(減らす可能性も大いにある)のと比べると、たった数時間で数倍に資金を増やすことが可能なbwinはおすすめの投資方法と言えるでしょう。

bwinのイマイチなポイント

魅力たっぷりのbwinではありますが、1点だけ非常に残念な点があるのです。

それは、「日本語非対応」であること。

この点は日本人にとっては、非常に大きなマイナスポイントであると言えるでしょう。

ベットの際に見る画面には、そこまで難しい英単語が並んでいるわけではないので、あまり問題ではありません。

一般レベルの英語力を備えていれば問題ないと言えるでしょう。また、初めは慣れなくても、使っていくうちに徐々に慣れてくるはずです。

問題は、何かトラブルが起きてしまった時です。

特にブックメーカー初心者にとって、トラブルはつきもの。

思うように入金できない、出金できない、などといった理由で困惑することは大いにあり得るでしょう。

そんな時、利用すべきはライブチャットやメールなどのカスタマーサポートなのですが、当然こちらも英語で問い合わせなければなりません。

また、Q&Aのページを見ても、こちらも当然英語表記。翻訳サイトを使えば、ある程度理解できるかもしれませんが、やはり多少の労力となる面は否めません。

bwinで利用できるオンライン決済サービス

Bwinでは下記のオンライン決済サービスを出金の際に利用することができます。

  • Neteller
  • Moneybookers(Skrill)

Netellerは日本での利用ができないサービスとなっているため、出金先として指定できません。海外在住の方は利用できるので、こちらを利用しましょう。

Moneybookersは2011年よりSkrillというサービス名に変更しています。こちらは、日本人であっても利用が可能なのですが、日本語サービスは提供されていないため、やや使い勝手は悪いという印象があります。

上記いずれも利用できないという方は、最後の選択肢として国際銀行送金があります。

直接自分の銀行口座に出金できるので、大変便利なのですが、

  • 着金までの所要時間が長井
  • 高い手数料がかかってくる

といったようなデメリットもあります。

他のブックメーカーと比較すると、オンライン決済サービスの充実度は遥かに劣っていると言わざるを得ません。

まとめ

Bwinは全世界で2000万人を超える利用者がいるとも言われる巨大ブックメーカーです。

ご紹介したように、ブックメーカー業界の5本の指に入ると言われるほどです。

大手の業者というだけあって、安全性という点では抜群。また、試合のストリーミング視聴が可能であったり、キャッシュアウト機能が備わっていたりと、魅力がもりだくさん。

しかし、懸念点として、日本語対応をしていないということが挙げられます。英語に苦手意識を感じている人は、bwinの利用において、不便さを感じる場面も少なくないかもしれません。

また、利用できるオンライン決済サービスが充実していないという難点もあります。

非常に優秀なブックメーカーなのですが、初心者にとっては少し敷居が高いと言えるでしょう。