ブックメーカーの基本的な賭け方と基本オッズ

ブックメーカーの基本的な賭け方と基本オッズ

ブックメーカーでは、世界中の様々なスポーツの試合に賭けることができます。大手のブックメーカーでは、常時3万通り以上とも言われる賭け方があり、自分の好みの賭け方を選び、的中させることで資金をどんどん増やしていくことができるのです。

オンラインならではの様々な賭け方ができるのが、ブックメーカーの魅力の1つなのですが、複雑な予想の場合、賭けている方も具体的にどんな賭け方をしているのか分からない状態で賭けてしまっているということもあります。

そんな状態で的中させたとして、資金が増えるのは嬉しいかもしれませんが、内実がよく分かっていないので、面白さは感じられないでしょう。長期的に見て、ブックメーカーで利益を出していくためには、基本的な賭け方をしっかりと理解しておくことが大変重要です。複雑な賭け方で資金を増やしていくというフェーズに突入したいならば、まずは基本をしっかりマスターしてからでも遅くありません。

そこでこの記事では、ブックメーカーの基本的な賭け方や基本オッズについて、詳しく説明していこうと思います。

ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

ブックメーカーの各スポーツやスポーツ以外の賭け方

ブックメーカーの各スポーツやスポーツ以外の賭け方

ここでは具体的なブックメーカーの各スポーツやスポーツ以外の賭け方について紹介しています。基本的なブックメーカーの賭け方について知りたい人は飛ばして次の章から読んで下さい。

ブックメーカーの基本的な賭け方

ブックメーカーの基本的な賭け方

どんなスポーツに賭けるかによっても変わってきますが、ブックメーカーにおける基本的な賭け方は、以下の通りです。

  • 大会前の優勝予想
  • 個別の試合の勝敗予想
  • インプレー中のライブベット

それぞれの基本的な賭け方について、簡単に解説していきます。

大会前の優勝予想

大会前の優勝予想

スポーツへの賭けの定番中の定番とも言うべき基本的な賭け方が、大会前の優勝予想です。スポーツベッティングが誕生したイギリスでは、最初はどのチーム(選手)がこの大会において優勝するかということを予想し、お金を賭けることが流行っていました。

日本で賭博行為は禁じられてはいるものの、ワールドカップやオリンピックなどの大きな大会において、仲間内でちょっとした賭け事として、同じような賭け方を楽しんだことがある人も多いはずです。

ブックメーカーがオンライン化する前は、現在のように多様な賭け方の提供も困難でしたので、大会における優勝予想という賭け方が一般的でした。

この賭け方は、全てがオンラインで完結できるようになった現代においても受け継がれており、ブックメーカーにおける最も基本的な賭け方として、利用者に親しまれています。

大きな大会やリーグ戦の開幕が近づいてくると、出場チームや選手にそれぞれオッズが付けられます。前回大会の覇者や実力のあるチーム・選手には低いオッズが付けられ、一方で優勝の見込みが低いと考えられているチームや選手には高いオッズが付けられます。一度賭ければ、結果が確定するのは大会の閉幕時です。リーグ戦の場合には、1年間にも及ぶ長丁場となり、見事に予想が的中した場合には、賭けた際のオッズに応じて払い戻しを受けることができるのです。

通常は低いオッズが付けられたいわゆる強豪が順当に優勝をするのですが、時々弱小チームが旋風を起こして、信じがたいレベルでのオッズを実現させることもあります。最近あった例で言えば、2015/2016シーズンのイングランド・プレミアリーグです。

イングランド・プレミアリーグと言えば、マンチェスターユナイテッドやマンチェスターシティ、アーセナル、リヴァプール、チェルシーなどの強豪がひしめくリーグ。そんな中で、2015/2016シーズンにおいて優勝を果たしたのは、降格候補にも挙げられていたレスターFCでした。元日本代表の岡崎慎司選手がレギュラーとして活躍していたこともあり、レスターFCの優勝を知っている方も多いでしょう。

このレスターFCの優勝劇は「ミラクル・レスター」と称されたのですが、ブックメーカーにおけるオッズもミラクル。何と5001倍という超高オッズだったのです。遊び程度で100円を賭けていたとしても、何と50万円を超える金額となって払い戻しを受けることができたという訳です。

このような超高オッズが実現することはなかなかありませんが、可能性がないわけではありません。優勝予想という超基本的な賭け方だけでも、十分にブックメーカーの楽しさを味わうことができます。

多くのブックメーカーでは、30種類を超えるようなスポーツを取り扱っており、さらに世界中の大会や試合が賭けの対象です。優勝予想という基本的な賭け方だけでも、そのチャンスは豊富に溢れています。

個別の試合の勝敗予想

個別の試合の勝敗予想

ブックメーカーでは、取り扱っている大会の1試合1試合に賭けることができます。日本人でスポーツの試合に賭けると聞くと、真っ先にイメージされるのはtotoではないでしょうか。Totoは公営ギャンブルとして認められており、Jリーグの試合の度に購入している人も多いはず。

しかし、残念ながらtotoは全然当たらないんですよね。その最大の理由が、複数の試合を全て的中させなければならないということ。難易度が高い分、仮に的中させた時にはビッグな配当を受け取ることができるのですが、残念ながらそれは現実的ではありません。私の友人が「あと1試合だったのに・・・」と崩れ落ちる姿もよく見てきました。

ブックメーカーはtotoとは違います。何が違うかと言えば、複数の試合を全て的中させる必要などなく、自分が選んだ任意の試合のみ的中させれば配当を受けることができるのです。つまり、たった1試合からでも予想が可能と言うわけです。

大会の優勝予想は、賭けてから結果が確定するまでにはかなり長い時間を要することになります。一方で、試合結果予想は試合が終了した時点で結果が確定。見事に的中すれば、その時点でオッズに応じて払い戻しを受けることができるのです。

任意の試合の結果を予想する際の基本的な賭け方は以下の通りです。

  • ホームチームの勝利
  • 引き分け
  • アウェイチームの勝利

賭けの対象がどのような表記になっているかは、ブックメーカーによって異なります。分かりづらいブックメーカーの場合には「1X2」と表記されていることも。「1X2」という表記の場合、それぞれ以下のような意味になります。

  • 1:ホームチームの勝利
  • X:引き分け
  • 2:アウェイチームの勝利

この意味はきちんと理解しておかないと、自分の意思に反したベットをしてしまう危険性もあるので、注意が必要です。また、トーナメント戦のように必ず決着が付く試合の場合は、引き分けという選択肢はありません。

基本オッズは、格上チームの勝利ほど低オッズ、格下チームの勝利ほど高オッズとなります。しかし、両チームについてよく分析してみると、直接対決の成績で見れば、格下チームが格上チームを圧倒しているというケースもないわけではありません。そんな時は、高オッズを的中させるチャンスです。実際に試合結果を予想する際には、オッズや現状の順位だけを判断材料にせず、過去の直接対決の成績や天候ごとの戦績にも注目してみると、思わぬ高配当を得られるかもしれません。

試合結果予想で低リスクな賭け方

試合結果予想で低リスクな賭け方

1試合の結果予想は、勝ちか負けか引き分けか、という3択です。サイコロを投げるのとは訳が違いますので、全ての事象の発生確率が3分の1というわけではありませんが、ここでは話を分かりやすくするために、どの結果に転ぶ可能性も3分の1ずつであると仮定しましょう。

この3分の1という確率、高いと見るか低いと見るかは人それぞれですが、半分以上は外れの方が可能性が高いとあって、やや分が悪いと感じる人も多くいるでしょう。

そこで、引き分けも含めた3通りの結果になる可能性がある場合において、的中確率を高めた低リスクで基本的な賭け方ができるので、その方法を紹介します。

1つ目が「ドローノーベット」という基本的な賭け方です。ブックメーカーによっては「引き分けにより賭け無し」などといった表記の場合もあります。

ドローノーベットとは、どちらかの勝利に賭けたものの、試合結果が引き分けになった場合には、賭けが成立しなかったものとして、賭け金額の全てが払い戻されるという賭け方です。

通常の賭け方で、どちらかのチームの勝利を予想し、引き分けに終わった場合は、賭けが外れたものとして、資金は没収されてしまいます。しかし、ドローノーベットならばそのリスクを小さくすることができるという訳です。もちろん、リスクが小さくなりますので、基本オッズも低くなります。

2つ目が「ダブルチャンス」という基本的な賭け方です。ブックメーカーによっては「ダブル」などといった表記の場合もあります。

ダブルチャンスとは、3通りの試合結果のうち、2通りを選択して、いずれかが的中すればオッズに応じた払い戻しを受けることができる賭け方です。具体的に、ダブルチャンスにおける選択肢としては、「チームA VS チームB」という試合において

  • チームA勝利 or 引き分け
  • チームB勝利 or 引き分け
  • チームA勝利 or チームB勝利

という3通りです。的中率は高くなりますので、オッズもその分低く設定されます。ノードローベットとの違いは、賭けが不成立となって、賭け金額が払い戻されることがないということです。

試合結果を予想する賭け方について、その的中確率、基本オッズを整理すると、以下の通りとなります。

賭け方 確率 オッズ順位
1X2
(普通の結果予想)
3分の1 1位
ドローノーベット 2分の1 2位
ダブルチャンス 3分の2 3位

ダブルチャンスを選択した場合は、実に半分以上の確率で賭けを的中させることができるのです。しかし、これはあくまでもすべての事象の発生確率が一定であると仮定した場合の話です。この確率を元にして、自分で収集した情報も組み合わせながら最適なベットを行うことが重要です。

インプレー中のライブベット

インプレー中のライブベット

ライブベットは、ブックメーカーがオンラインで楽しめるからこその醍醐味と言っても過言ではありません。展開が動きやすいスポーツの場合には、ライブベットでサクサク賭けて、どんどん稼いでいくということも可能です。

ライブベット最大の特徴は、賭けてから結果が確定するまでの時間が短いということです。優勝予想の場合には長ければ1年近く、試合結果予想の場合には数時間と言った待ち時間が生じます。しかし、ライブベットは何と賭けてすぐに結果が確定するということもあるのです。

また、ブックメーカーで稼いでいくためにはマストで身に着けておきたいとされるキャッシュアウト機能も、ライブベットにおいて使うことができます。

大手のブックメーカーにおいて、常時何万通りという賭け方が用意されている最大の理由は、ライブベットです。ライブベットでは、試合中の次の展開を予想するのが基本的な賭け方となっており、具体的には以下のような賭け方があります(サッカーの場合)

  • 次のゴールを決めるのはどちらのチームか
  • 次の1分間にスローインはあるか
  • 次のイエローカードはどちらのチームに出るか

上記はほんの一例に過ぎません。まさに、インプレー中の様々な出来事を賭けの対象にしているのが、ライブベットの最大の特徴なのです。

ライブベットの基本オッズは、比較的低めに設定されています。もちろん、実現可能性の薄い事象の場合は、高いオッズが付くのですが、ライブベットで高オッズにリスクを冒してまで賭けるのは、賢明な選択とは言えません。

最初は、常時変動するオッズやあまりにもスピーディに確定する結果に、戸惑いを感じることもあるかもしれません。しかし、慣れてしまえば、ライブベット以外は楽しめないとなる方もいるでしょう。

また、ライブベットでは試合前に予想した最終結果について、キャッシュアウトを行い、利益を確定させたり、損切りしたりすることもできます。このキャッシュアウトは、ブックメーカーで長期的に利益を積み重ねていくためにはマストで身に着ける必要があるスキルです。

ライブベットはボーナスの消化に最適

ライブベットはボーナスの消化に最適

初めてブックメーカーに登録して入金すると、巨額のプロモーションボーナスを受け取れることが多くあります。軍資金が一気に増えて嬉しい傍ら、煩わしい出金条件をクリアしなければならず、ブックメーカーによっては、ボーナス残高がある以上、キャッシュの出金も制限される場合もあります。

ボーナスの出金条件としては、ボーナス額の8倍程度に設定されていることが多くあるため、出金できる状態にするためには、それ相応の金額を賭けなければなりません。例えば、100ドルのボーナスを受け取って、出金条件がボーナス金額の8倍なのであれば、800ドル分の賭けを行う必要があります。

最も手っ取り早く条件を消化しようとすれば、いきなり最初に100ドルを賭けることになりますが、流石にそれはリスクが大きすぎますよね。もちろん的中して資金が増えれば問題ないのですが、外した瞬間にゲームオーバーです。そのため、ボーナスの10%程度を限度として、繰り返し繰り返し賭けていくのが賢明な方法です。

しかし、1回につき10ドルを賭けるという賭け方の場合には、合計で80回も賭けなければなりません。もちろん、その間に資金が増えていく可能性はありますが、問題なのは有効期限です。通常、プロモーションボーナスには有効期限が定められており、その期限内に出金条件をクリアしなければ、ボーナス及びその勝利金は没収されることになります。

80回も賭けるのには、当然長い時間を要することになるので、有効期限を迎えてしまう危険性があるんですね。

しかし、ライブベットは出金条件の消化の大きな手助けとなります。なぜなら、ひっきりなしに賭けのチャンスが巡ってくるからです。サッカーの試合で言えば、1試合90分の間に、10回以上のライブベットを普通に行うことができます。また、Jリーグやヨーロッパでのリーグ戦の開催日の場合には、同時にいくつもの試合が開催されているので、その分だけ賭けるチャンスはあります。

すると、たったの数時間で出金条件をすべて消化し切ってしまうということもできるのです。ボーナスの規約の中で、「オッズ1.5倍以上のベットでなければ無効」などの文言があるので、その点は見逃してはいけませんが、ライブベットで賭けることで、スムーズにボーナスの出金条件を消化できます。

嬉しい反面、色々と面倒くささもあるプロモーションボーナスのデメリットは、ライブベットで解消することができます。

まとめ

ブックメーカーでは、様々な賭け方を楽しむことができますが、やはり基本的な賭け方についてきちんと理解をしておくことが重要です。

賭け方とオッズの関係性について、正しい理解ができれば、自ずと賭けの勝率は高まっていくことでしょう。基本となる賭け方について、一通り理解ができたら、次はその知識を組み合わせて、応用的な賭け方にトライしても良いでしょう。

特に、ライブベットは初心者にとっては難しいかもしれませんが、コツコツ稼いでいくために、またボーナスの出金条件を消化するために、是非ともマスターしてほしい賭け方です。

ブックメーカー比較!おすすめブックメーカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です